All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2008'01.12 (Sat)

もくじ

さて、リョウが高機能自閉症である…と、診断を受けるまでの経緯をこのカテゴリー診断を受けるまでの経緯で紹介したいと思います。

診断を受けるまでの1年半程の記録を以前公開していたHPの記事そのままです。
ずいぶん前に書いたもので、不真面目な事もあるかもしれませんが…
リョウの成長記録として、そして、何かのお役に立てれば…と思います。

記事の数も多く、長文です…少しずつUPして行こうと思います。


もくじ…

はじめに…
言語聴覚士との面談 その1(2歳9ヶ月)
言語聴覚士との面談 その2(2歳9ヶ月)
小児科受診(3歳0ヶ月)
はじめての言語療法(3歳1ヶ月)
聴力検査(3歳1ヶ月)
言語療法(3歳2ヶ月)
MRI・血液検査(3歳3ヶ月)
小児科受診(検査結果)(3歳3ヶ月)
保育園入園(3歳4ヶ月)
こども病院神経科受診(3歳4ヶ月)
言語療法(3歳4ヶ月)
はじめての作業療法(3歳4ヶ月)
言語療法(3歳5ヶ月)
はじめての言語療法[こども病院](3歳6ヶ月)
作業療法・発達テスト(3歳6ヶ月)
言語療法(3歳6ヶ月)
こども病院神経科受診(3歳6ヶ月)
作業療法 (3歳7ヶ月)
現在の診断名
言語療法 (3歳7ヶ月)
言語療法[こども病院] (3歳8ヶ月)
言語療法 (3歳8ヶ月)
言語療法[こども病院] (3歳9ヶ月)
言語療法 (3歳9ヶ月)
作業療法(3歳10ヶ月)
言語療法(3歳11ヶ月)
言語療法(4歳0ヶ月)
言語療法(4歳1ヶ月)
総合実施計画書(4歳1ヶ月)
こども病院神経科受診【診断を受ける】(4歳2ヶ月)
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

10:56  |  診断までの経緯  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'01.12 (Sat)

はじめに…

リョウが診断を受けたのは4歳2ヶ月の時で、年少組の7月の事です。

1歳半健診の時に、言葉が出ない事で「言葉の発達、要観察」と母子手帳に書かれたのが最初…でも、初めての子育てで、言葉が遅いとか早いとか全くわからず…長野県に住む大阪人の私はジョークの通じない保健婦さんに「大阪弁が難しいんですかねぇ~」なんて言って「お母さん、そんな事はないですよ」と、(くそ)マジメに返されたのを覚えています…(苦笑)「そうそう、大阪弁はなかなか…って、なんでやねん!」なんて、ノリ突っ込みを期待したあたしがアホですね焦る3

2歳を迎えてもリョウの言葉は出ず…そんな頃に母の妊娠発覚。
周りのお友達も同時期に妊娠発覚が続き、母と2人で過ごす日が多かった。

2歳児相談(健診?)でも、言葉が出ずやったので、半年後に様子を聞きたいので連絡しますね…と、保健婦さんに言われていました。


カズが誕生した頃の2歳8ヶ月頃に、保健センターから電話連絡がありました。
一度、言葉の先生との面談をしてみませんか?との事で、保健センターへ旦那さんと一緒に出かけました。

年配の男の先生で、イラストの指差しや型はめなどをして…
結局、具体的な事を言われることもなく、今日は何しに来たんやろなぁ~?って感じで終わってしまいました。

リョウはしっかり視線を合わせて、相手の話す事を聞く姿勢で居るし、初めての場所でもニコニコ。初めて会う人にでもニコニコ…言葉の遅れ以外に自閉症的な部分は見えなかったと思います。これは、今振り返って思う事であって、この当時は「発達障害」なんて事は頭になかったのではないかな?と思います(既に記憶薄い)

保健婦さんから、違う町だけれども「あそびの教室」という集まりがあるので、行って見ますか?そこにも、言語の専門の先生が来られるので…と言われ、ぜひぜひ!と、行ってみる事にしました。

今でも覚えています。大雪の日でした。町の合同庁舎の一室で集まりがありました。
リョウと同じくらいの子供たちが20人もいなかったかな??そしてお母さんたち。初めて参加する私に、私が住む町の保健婦さんも同行してくれて「なんかビップな扱いやなぁ~」なんて思ってた私…(汗)

部屋に入って、早速オモチャで遊びだしたリョウ。首の据わらないカズは部屋の隅っこで毛布に包まってスヤスヤ…
保健婦さんと何気に話してるときに「この教室は、ほとんどの子供が自閉症などの障害をもってるんです」と言った。「へ~~、そうなんですかぁ…」っと返答したものの、心の中では「ん??」って感じの…「へ??」って感じで…

教室は、時間割が決まっていて、自由遊びの次は、お片づけをして隣の部屋に行き、出席を取って手遊びなどをする。他のお友達は先生の言葉でお方付けをはじめるのに、リョウはまだ遊びたいと怒り出しました。お友達が隣の部屋で出席を取り出してても、リョウは泣き叫んで怒っていました。普段の母なら、結構クドクドと「片付けの時間やろ?」とか「アカン」と言い倒してるんやけども、初めての場所やしなんとなくどうしてよいのかわからず、ただ納まるのを待ってました。時々「ほら、リョウの好きなお歌やってんで!」とか声をかけ、母は隣の部屋へ行ったり…

今思えば、こんなに泣いて怒って癇癪を起こすリョウを見るのは初めてだったかもしれません。カズが生まれてから、リョウと母との関係がギクシャクしていました。
大人しくて、聞き分けが良くて、手のかからない…そんなリョウが変わりだした頃です。

そんなリョウをほほえましい視線で見守る男の人が居てました。
この人が今日面談する先生でした。

この頃から、リョウの言葉の遅れと向き合う日々が始まりました。
もしかして何かの障害なのか??いや、ただの遅れなのか??
どこへ行ってもハッキリせず、宙ぶらりんな状態が辛い時期だったと思います。





励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

23:28  |  診断までの経緯  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'01.12 (Sat)

①言語聴覚士との面談 その1(2歳9ヶ月)

初めて保健センターで言語聴覚士の先生に会ったのはRYOが2歳9ヶ月の時。

先生は、60代くらいの男の先生で、健診なんかで成長を見るのと同じで、積み木や型はめや、様々な絵やビーズの糸通しなどをした。RYOは次から次に出てくるオモチャ?にご機嫌な様子。ビーズの糸通しは、穴に糸を通すねんけど、すぐに糸を引き抜いて大笑いしてた(謎)意味わかってんのかなぁ?小さな積み木は、箱から出したら、また箱に直す。先生が積んで見せても、奪い取って箱に直す(滝汗)直すの好きなんよね…。小さな犬の人形を3つの箱の1つに入れて、数を10読んだ後に、どの箱に犬が入ってるか?とかもやった。

ま、イロイロやったけども、先生は指差しが出来てるのはイイ事やと言ってた。RYOは電車の本とか、指差してあたしに名前を言わせる。ほぼ毎日やらされる。最近は「のぞみ」を指差してこれは?って聞くと「み」と言ったり「かもめ」は「め」と自分で言うって事が分かってきたかな?って段階やねんけど、RYOが指差して、こちらの目を見て「これは何?」という素振りは始めの第一歩の段階という事なので続けて下さいとの事。はぁ…。もう相当長い期間続けておりますが…。
「にんじん」を「じん」と言う遼に「そう!にんじんやね」と言う感じのやり取りでイイらしい。これもいつもやってる事。
ま、問題無いって事なんかなぁ?なんか、何の為に行ったのか?って感じやった。ま、何か障害があるとかそういうのでは無いって事なんかな?(激謎)
のんびりとRYOの成長を見守ろう…。

2005/02/08 日記より



励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

23:36  |  診断までの経緯  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'01.12 (Sat)

②言語聴覚士との面談 その2(2歳9ヶ月)

1週間程前に、診て貰ったばっかりやけども、遊びの教室という集まりがあると保健婦さんに言われて行って来ました。
その教室には、言語聴覚士の先生も来てるという事で、え…またぁ~?って感じ…(汗)

部屋に入ると、遼は嬉しそうに先生の横の席に自ら座った(驚)町の保健婦さんも同伴やった。
先生がペットボトルの中に、数本の棒が入った物を取り出し中の棒を出した。ペットボトルのフタには棒が入るくらいの穴が開いてて、そこから棒を入れるって事やねんけど、遼は教えてもらう前から自分で穴から棒を入れて遊んでた。
その後、絵の指差し…。軽くクリア。

先生が言うには、遼の体がまだ出来て無いから言葉の出が遅いと。肩や首の後ろなどの筋肉をつけてやると、あごや舌などもしまって来ると。遼のぷよぷよほっぺがアカンのか…?(謎)「あれ持ってきて…など言うと持ってきてくれますか?」と聞かれた。お手伝いが出来る出来ない、言ってることが分かる分からないではなく、少し重たい物を持ったりするのがイイらしい。他に、教室でもやってたけど、トンネルくぐりみたいなのもイイと。体の筋肉が付けば、力を入れること、力を抜く事が出来る様になる。声が大きく出たりするのも調整が出来ない。水がいっぱい入ったバケツを持ち上げる時、力のある人が持ち上げる途中に、ちょっと止めて!と言うと止まるけども、力が無い人は「どっこいしょ!」っと持ち上げて途中でなんて止められない。みたいな事…。らしい(汗)
腕や足などをキュッキュッキュ!っと掴んでキュ~~ッパッ!っと放す、ってのを教えてもらった。が…。コツがわからない。
少し負荷をかけてやるのもイイ。遼のペースで歩くだけじゃなく、たまに早足にしてやったり、逆に遅くしてみたり…。

ちょいと上手く書けんかったかも…やけど、こんな事でした。遼は小さな時から体を動かすのは遅くて、座ったままが多かった(過去日記を読んでも)同じ月齢のお友達に比べると、運動能力も乏しい(苦笑)あたしが良く言う、地味やなぁ~ってやつ。先生が言うように、体の筋肉と言葉が関わってるか?って言うと、疑問やけど、ま、先生の言うことやしね。
それで、言葉が出るまでの時間を待つ。って事でした。(激謎)


2005/02/16 日記より





励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

23:41  |  診断までの経緯  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'01.13 (Sun)

③小児科受診(3歳0ヶ月)

義父の進めもあって、言葉の遅れについて小児科を受診する事にした。
わたし自身、ちょっと前までは何も心配はしていなかったけども、3歳を目前にKAZUの存在もあるやろうけども、反抗期まで出てきて癇癪が目立つので少し不安がよぎる様になったので…

いつも風邪を引いたり予防接種などでお世話になってる総合病院の小児科。電話で発達を見てもらおうと予約を取ったけども、なんと1ヶ月待ち…。そんなに混んでるのぉ~?って驚き。

やっとこさ予約の日が来て、散々待たされてRYOが先生に辿りついた時には、かなりお疲れモード。帰りたいよね。
診察内容は、先生からの簡単な問診のみ。
丸が書けるか?片足で立てるか?階段は1段づつこ交互に登れるか?ハサミは使えるか?お友達と遊んでるか?などなど…何点か聞かれる。

他にRYOに、鉛筆を持って「どっちが長い?」と言うような質問もされた。RYOは答えられなかった…(滝汗)母は少しショック…。後日、マクドのポテトで「どっちが長い?」と聞いたりしたけども、あてずっぽ?正解するのよね~。本番に弱いのは誰に似たの?
他には「どっちが大きい?小さい?」など…。

この総合病院のリハビリ室に4月から言語療法士の先生が常勤になったらしく、そちらの先生を紹介された。小児科では3ヶ月スパンで様子を診ていきましょう~。理解力だとか、内面的な事も様子を見て行きましょうと言う事でした。そして、生後すぐに聴力検査は受けて問題無しやったけども、再度聴力検査を受けて下さいと言われた。聞こえてると思うけど?ね~。ただ「お耳」と「おめめ」が聞き取れてないのか、理解していないのか?何度も間違えるのよね…(滝汗)

散々待たされたのに、診察はあっと言う間…。もっと時間をかけて観察?してくれるものと思ってたのになぁ~
そりゃ、お医者様とて、ちょこっと受診しただけで、言葉の遅れの原因なんて解るはずもないよね。でも、母としては「何々??何かあるのぉ~?」なんて心配は尽きない訳ですよ。
機嫌のイイ時はなんて事ないけども、反抗期真っ盛りってのもあって、キーーー!っと癇癪を起こした時なんかには、ムカツク半面、心配でもある。

「言葉が遅れてるだけですね」とか「大丈夫ですよ」とか、安心できる言葉が聞きたいね。
もしも、もしも、障害が原因なのならば、それはそれで早く知りたい!大丈夫かなぁ?と毎日心配して過ごすのは、母かなりのストレスなのです。
という訳で、心の中のモヤモヤがスッキリする事無く、終わったのでした…

2005/05/23




励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

09:00  |  診断までの経緯  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。