All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2008'01.09 (Wed)

再出発な感じ…

昨日から咳が出てるリョウ。
今日から保育園やったけども、午後は言語療法の予約日で、お昼寝後の早帰り予定やし、本人もお休みすると言うので休ませました。

で、言語療法へ行って来ました。

リョウは3歳0ヶ月から言語療法に通っています。
T先生は女の先生で、とっても明るくて母のコテコテな冗談に付き合ってくれる先生です。(母は関係ないか?)
出会った時は、リョウはぷくぷくの3歳児で「あぁ~あぁ~」なんて言ってたなぁ。
そんな先生とも2年半。リョウの事は良く理解してくれてるし、言語だけじゃなく、生活面でも的確なアドバイスをしてくれる。とっても頼りにしている存在。

そんな先生は、現在妊婦さんで、2月にはベビーが誕生するのです。
で、去年の12月で産休に入られました。
帰ってくるのは、来年の2月かな??
リョウの就学に向けて、色々とアドバイスをもらおうと思ってたし、年長さんでの1年での生活っぷりにも、色々と不安もあったのやけど…とっても残念な母です。

スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

00:27  |  言語療法  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'02.09 (Sat)

先っぽの発達&疑惑?

8日は言語療法でした。
新しい先生になって2度目。リョウはニコニコで先生と部屋へ入っていきます。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

01:14  |  言語療法  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009'05.29 (Fri)

母の強い味方!!

小学校へ入学して、初めてのSTへ行って来ました♪

リョウの体調不良で、予約日変更してもらったりしたので、いつものO先生とは会うことが出来なかったけども、リョウが3歳の時から教えてくれていたT先生が産休を終え、復活!
1年チョットブリでした♪

リョウは、半分照れながら、半分照れ隠し…そして、テンション高たか!!

学校での様子を質問され、リョウなりに頑張って答えて居ましたが…まだまだ。
連想ゲームかいっ!って感じで、母も先生も脳みそ活性化されて、ある意味アンチエイジング??


リョウのお勉強が終了して、母と先生のお話の時間。

自然と、先日の支援級の先生とのお話へ…

T先生も、母と同じ様に支援級とリョウとの関わりについて疑問に思われたようです♪でしょ?でしょ??

やはり、支援級の先生ともコミュニケーションを取りながら、先生の方もリョウと接してもらってリョウを理解してもらいたいし…
リョウにとっての(言い方悪いかも?やけど)逃げ場を作ってあげないと…
集団での時間が辛くなった時や、お友達とのトラブル等で気持ちを落ち着かせたい時。今の状態だとリョウはどこへ行けばいいのだろう?

支援級の先生は、今はリョウにそんな場所や時間が必要ない…と言ったし、私もそう思う。
でも、何か問題や課題が出来てから、支援級で対応しましょう!!では、全く無意味だと思うんです。

例えば、学習が遅れてしまっている…とかなら、多少は納得出来るけど、リョウの様に、情緒面での課題がある子にとって、何かあってから動き出すでは遅い。

やはり、支援してくれる先生との信頼関係や、本人が落ち着ける場所を作ってあげないと。

T先生が言ってたけども、べつに支援級をリョウが落ち着ける場所!としなくても、保育園の時は教室を飛び出したら、図書コーナーで絵本を読んで自分のタイミングで教室へ戻ってたのだから、図書室でもいいのでは?と言う事。

ここがリョウくんの居場所だよ??と提供するのではなく、色んな場所、保健室でもいいだろうし…

リョウに、色んな場所を見せてあげ、そこには色んな先生が居てる。
その存在を知らせてあげることで、リョウ自身が自分の居場所を見つけるんじゃないかなぁ??

支援級の先生だから専門的な事を知っている訳じゃないし、専門的な知識を持ってるからって、リョウへの支援がパーフェクト!な訳じゃないと思っています。

それこそ、先生じゃなくても、近所のおばぁちゃんの方が、リョウの話しをゆっくり聞いてくれていつもリョウの見方でいてくれる存在がリョウにとって最高の存在になったりすると思うから…
(実際、そんな人はいませんが…今の時代、なかなかねぇ…じじ、ばばも遠方やし)

私は、幼稚園の頃訳あって?、毎日毎日お茶を入れるコップを忘れていて…事務所のおばちゃんにアルミのコップを毎日借りに行ってて。先生は怒るわけじゃなかっただろうけど、やはり注意はされてたのかなぁ?でも事務所のおばちゃんはいつもニコニココップを貸してくれて…
小学校へ行っても、下校時におばちゃんの家の前を通るから、出会ったら話しをしてたなぁ~好きやったわぁ。おばちゃんの事。


話がそれたけど…

リョウに何かあった時には、支援学級の先生が出動!!って言うのはどうなのかなぁ??

あくまで、親の立場からの思いであって、教育現場ではそんな事は分かってるけどシステム上や組織的に無理な話…なのかもしれないけどね。

でも、親として望むのはリョウが信頼出来る心開ける人の存在で…
学校と言う社会の中に、リョウにとっての見方!が1人でも居て欲しい。
もしも、その存在が現状の様に担任しか居ない場合、他の生徒が居る為に動けない担任。困るよねぇ…


親が先生や学校側に、こうなんじゃないか??と感じている…と話をしに出向いても、保護者の言う事はスルーされがち。これは保育園の時にも記事ちらっと書いたけどさ…

主治医から…とか、STの先生から…とか…他にも児童相談所やら相談員やら民生委員やら…
そんな人たちの話はとても参考にしてくれるのに。
何故?親の訴えって説得力ないのかなぁ??

そんな感じで、STの先生に泣きつき?(笑)
「先生から話してぇ~~~~!!!」と…

近いうちに、支援級の先生とSTの先生と母とで話す機会出来るのです♪イェイ!
本当にT先生は母の強い味方です♪

それを担任の連絡帳に書いた所、担任の先生は、リョウのSTでの様子も見たいと言うお言葉。
学校とは違う様子が見れて参考になるとの事。
そして、リョウ無し(間が持たない…帰ろうコールで)でのお話の時にも参加してくださるそうです。

そのことで、先日学校に電話したのですが…
担任の先生と家庭訪問後、久々に話すことが出来ました。その内容は次回の記事にて…


jumee☆ranking1Ljumee☆ranking1R ぐわぁ~~~っと思うが侭にキーボードを打ちましたが…共感して下さったら…応援クリックをお願いします♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

08:46  |  言語療法  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。