All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2008'04.24 (Thu)

知能検査を受けて来ました!

さてさて…ブログ更新復活宣言をしておきながら…
なかなか記事に出来ない日々が続いております(謎)

今月21日、こども病院にて知能検査を受けて来ました!w03.gif



ま…難しいとは聞いていたけど…

ズタズタでございました!w02.gif




母はリョウの背後から見ていました。視力が悪い母…イラストが書かれたカードを必死で覗き込んで、一緒に間違い探しをしたりしましたが…
あたしも結構ヤバイ??って感じでした(笑)


何度も何度も「ぷっ!」と笑ってしまうような回答が飛び出し…

「犬の足は何本かな??」の問いに、

「8本!!」と、即答するリョウ… hanaji01.gif




検査の内容は控えたいと思いますが…

全部で13種類の問題が出ました。
7種類の問題が終わった所で10分の休憩がありました。

トイレを済ませて、ジュースで休憩。
母も力が入ってるのか、ふぅ~~~~って感じ…
で、携帯で時間をチェックすると、既に1分前!!!!

ゲロゲロ~~ン!!急げ!!
「走ったらアカン!早く歩こう!!」
病院の長い廊下を親子で競歩状態!!


後半は、リョウも飽きてきたのか…
問題が難しくて面白くなくなったのか…

かなりウダウダでした。


検査が終わったのは開始時間から1時間半後。
頑張りました~ wink02.gif



検査を終えて思うことは、やはりヒアリングは苦手…
他にも、普段分かってる事でも、先生の言い回しが違うので、正解に結びつかない。
筆記問題や、キューブを使った問題なども、1度の説明では理解できなかったりして、先生が分かり易く補足すると理解できる事が多かった。


この検査の結果は、次回神経科受診の際に主治医から聞くと言う事でした。

保育園の新しい加配の先生も一緒に行って貰おうか、母子だけで行こうか…迷ってますが…
どんなもんかな??一緒の方がエエかな~??

年長さんになって、去年から引き続きの担任の先生と連絡帳の交換をしてたりするので、担任の先生の方がリョウの事を分かってくれてるんやけどぉ…病院へは加配の先生が来るって感じやしなぁ~


主治医の受診は5月9日です。
「さて、お母さん、どんな感じですかぁ~?」なんて、フレンドリーな先生や無いからなぁ~イヤやなぁ。いつもピリピリした空気やもんなぁ~bikkuri01.gif

いつも無表情で淡々とした口調…今から憂鬱やわぁ~


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:48  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2008'04.25 (Fri)

家庭訪問

年長組に進級したリョウ。担任の先生は年中組から引き続きアキラ先生です。
うちの保育園は、担任が変わらない園児は家庭訪問がありません。なので、クラスの半分の園児は家庭訪問がありません。本来ならリョウもその対象やねんけど…
リョウには加配の先生がついていて、その先生が新しく別の先生に変わったので、今年も家庭訪問がありました。

家庭訪問期間中は、給食終わりのお迎え…次男坊のカズが一緒だとウルサくて話にならんので、お友達の家へ。リョウは、アキラ先生が来ると知って待ち遠しくてたまらない。

「アキラてんてい来る?」
「いまどこいる?」
「いま車乗ってる?」
「ねぇ、アキラてんていまだぁ?」

と…100回以上も聞き倒し…ga-n01.gif

母はプチノイローゼになりそうやったよ。きっと、リョウよりも母の方が先生を待ちわびてたやろな…


先生が到着して、リョウはとっても嬉しそう♪っつうか、照れた表情。
母と先生達が話してる間、ずっと一人遊びしていました。遊んでる姿を先生に見て欲しいって感じで、とても意識してました(笑)
毎年こんな感じです。


さてさて…本題の、先生とのお話の内容は…

去年も新しく担任となったアキラ先生に向けて母はノートに伝えたい項目を準備していました。
今年も、ノートに伝えたい項目を準備…

・いっぱいになった時の切り替え方の提案…

・先生方へ支援のお願い

・子供たちへの理解のお願い

・出来る事、出来ない事の見極め

・問題行動などに対して、積極的に理由を伝えてもらう



簡単にこんな感じ…


一つ目の「いっぱいになった時の切り替え方の提案…」は、

前回の言語療法で、リョウが怒ってしまったりすると教室を出てしまう事。その際、自分で気持ちを整理して戻ってくる…と伝えたところ、気持ちがいっぱいいっぱいになった時の消化方法を提案して行きましょうと言われた。
現在の様に教室を出てしまっては、小学校に上がった時に困ってしまうので、別の方法で落ち着ける方法はないか…リョウがいっぱいになった時に、こうすれば落ち着くという事を見つけて提案してあげましょう…って感じの事。
例えば、ある子供はポケットにタオルを入れていて、そのタオルを触ると落ち着く…みたいな感じだそうです。母はピンと来なかったけど…先生に伝えました。

母も、リョウが一番気持ちを切り替えられる方法は、1人になる事…しか思い浮かばなくて、先生もそんな感じでした…

そして、母は、年中さんの最期にリョウは教室を出て行ったりしていて、急にそんな事になってると思っていたけども、そうではなく…
今までも、イライラして怒ってしまったりすると、教室を出ようとしていたそうです。それを加配の先生だったりアキラ先生だったりが阻止していたそうです。でも、年中さんの最後の方は、ちょっと自由にさせてみましょう…と。すると、リョウは部屋を出て行き、運動場に出たり図書コーナーで好きな本を読んだりして、気持ちを落ち着けて教室に戻って来てたそうです。

今年の正月に、旦那さんの実家に帰省した時…
実家には従兄弟たちも一緒やったので、ワイワイガヤガヤ…カズは一緒になって遊び続ける事が出来たけども、リョウは最初は楽しく遊べるけども、だんだんと辛くなるのか、イライラモードになってくる。ちょっとした事でも怒りっぽくなって…ケンカが増える。
そんな時に、ちょっと静かな部屋でリョウが好きなDVDを見させてあげると、ニッコリ機嫌よく戻ってきた。

そんな事があったので、当時の加配の先生に、リョウは1人になると落ち着くと言うか、1人になりたがったりしませんか?なんて聞いた事がありました。カームダウンエリアを作ってあげた方がいいのかなぁ?なんて考えた事が…

そんなカームダウンエリアについて、後日、先生宛てにお手紙を書きました。
そのお話は、また別の記事にしますね。


次に「先生方へ支援のお願い」は…

なんとなく、話せなかったような…ga-n01.gif



「子供たちへ理解のお願い」は…

子供たちも年長さんにもなると、リョウがちょこっと違う…なんて感じてるはず。
大きな声をあげたり、怒って教室を出て行ってしまったり…
先生には、そのままにしておくのではなく、リョウくんは気持ちを言葉にする事が苦手なんだよ。とか、戻ってきたらやさしく迎えてあげようね…とか…伝えて欲しいと言う事。母、かなり上手く話せないのでグダグダでしたが…

先生は、子供たちは肌で分かると言うか…理解していますよ…風な事を言っていました。
そう、母もそれは分かってたんやけど…どうしても、分かりにくい障碍やし厳しい子供も居てるので、親バカで…やっぱりリョウがバカにされたり、仲間はずれにされるのは辛い…

先生の言葉はよくよく理解してたし、そんな風に言われるかなぁ~っとは思ってたけどさぁ~bikkuri01.gif



そして「出来る事と出来ない事の見極め」は…

これも話せたかなぁ?(アカンやん!)
年長さんになって、就学に向けて、子供たちはガマンする力も付けて行かなくては…リョウも、今年度はガマンする力を付けて欲しいと思っています。でも、障碍児ゆえに出来ない事もあるはず。何もかも、他の園児と同じようには出来ない事もあるだろう。そこを見極めて欲しいこと。ま、母でも難しいねんけどさ…

最後の「問題行動などに対して積極的に理由を伝えてもらう」は…

随分と意味理解の力が伸びてきてるリョウ。なので、大きな声を出してしまった時などは「リョウくん、もう少し小さい声にしよう。お友達がビックリしてしまうよ」とか「お耳が痛くなっちゃうよ」とか…どうしてやめて欲しいのか…理由も伝えて欲しいと言いました。
これが正解なのかは分かりません。でも、リョウもどうしてダメなのか理由が分かった方がコントロール出来るようになるかな?と思ったから…


そんな母のグダグダな内容の要望を話しました。


先生からは、リョウはとっても頑張っているらしく、お友達に怒鳴るような言葉も聞かれないらしく、穏やかに過ごしているそうです。
その分、家では荒れてますが…きっと沢山ガマンしたりしてるんやろなぁ~

今回、加配の先生が変わった事について…園長先生はどのような考えで決められたのか??聞いてみましたが、何やら奥歯に物が挟まったような…
私も、K美先生にリョウは甘えてしまって言う事を聞かなくなってるみたいだったので、年長さんは先生が変わった方がいいのかなぁ?なんて考えたりもしていたので…なんて話すと、やはり、ここらで加配を変えた方がいいかも…という感じだったようでした。bye06.gif


今回の家庭訪問は、アキラ先生との話が殆どで、新しい加配のカオリ先生とは殆ど話さずでした。これから、少しずつでもリョウの事を理解して頂けたら…と思います。


何やら、長々と書いただけで、意味の分からん記事になってしまいました…


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

23:41  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'05.11 (Sun)

知能検査結果発表!そして母の思い

9日(金曜日)は、先日受けた知能検査の結果を聞きに、こども病院の主治医の元へ行ってきました… bye02.gif

以前記事にもしたかと思いますが、主治医の先生はフレンドリーな感じの先生ではなくて、何か威圧的な先生なので母はかなり苦手…
しかし…今日は、先生の機嫌が良かったのか??母のリラックスした感じが良かったのか?若干!若干やけど、和やか空気が流れてる??って感じでした。ビックリ!!

前回の検査の結果を先生が説明してくれました。何やら難しくて、既に忘れ気味 hatena03.gif




15:48  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'05.12 (Mon)

園と母との温度差…?

昨日の記事 『知能検査結果発表!そして母の思い』 の続きです…

園長先生にお礼を言いに行くと、イロイロと話してくれました。

年長さんに進級して、園長先生と話しをするまでの間に、イロイロな事がありました。イロイロって程の事ではないんやけども、母の中でモヤモヤする思いが…
そのモヤモヤを先に書きたいと思います。


先日の記事 『家庭訪問』 にも書きましたが、年中の3学期のリョウは教室を出てしまったりしていた…それは、今までは先生が制止していたのを、少し自由にさせてみましょう…と試みてくれた事でした。その結果、リョウは1人図書コーナーで本を見たりして、気持ちをクールダウンさせて教室に戻って来る。

そんな話を聞いた母は、園にお手紙を書きました。

カームダウンエリアについて…

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

10:44  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'05.14 (Wed)

園長先生とのお話…

さて、前々回の記事から引き続き…

そんなこんな事があり、園長先生とちょこっと立ち話をしました。

年中組の3学期、リョウは荒れていて、母の予想通り当時の加配の先生への甘えやったり慣れやったり…で、ちょいとどうしたんだ!って感じに荒れていたそうです。
そして、年長組に進級し加配の先生も変わり、就学に向けて常に寄り添ってという形じゃなく、適度な距離を保ちながら、何か助けが必要な時にはサポートするという形を取っている事。

就学については、園長先生からは、リョウはお友達と関わる事が大好きだし、お友達から受ける刺激で成長している事が多いし、一緒に出来る事も沢山ある事を言われました。

母としては、生活面では何とか周りについて行けるだろうけども、やはり理解力の面での不安。
付いて行け無くなった時の事や、不登校になってしまわないか…という不安。
その反面、母が石橋叩きすぎてて、ホントは普通クラスでも元気に楽しく通えるのかも?とか…

母は、6月中旬に小学校へ連絡して夏休み頃にでも面談をしてもらえないか問い合わせようと思っていたけども、6月に教育委員会から委託された就学相談員が園を訪問するとの事。相談員の方にその旨相談しては?と園長先生。

園長先生も、まだ1年あるし、リョウはまだまだ成長するし、ゆっくり考えて行きましょう…との事でした。

カームダウンエリアについても、前回の記事にも書いた通りの事を聞きました。
現在とても頑張っているらしくて、いつかしんどくなる時が来るかと様子をみていても、リョウは先生たちが思うよりも頑張り続けている様です。ま、本人は頑張っているのか、自然体で過ごしているのか…謎ですけども、春休みは家でも荒れ荒れやったリョウですが、現在では家でも穏やかです。

園長先生は、この穏やかに過ごせている時間が大切だと言いました。
先生がどういう意味合いで言われたのかわかりませんが、私も、リョウが穏やかな時間を過ごす事、そんな時間を経験する事で、気持ちをコントロールする力が伸びるのではないかなぁ?と漠然と思っています。

アキラ先生は、年中組の3学期から3段飛びしたくらいに成長してると言ってました。
過去を振り返っても、リョウは母と先生が「どうしたのかなぁ??」と逆に心配するくらいに穏やかに過ごしてたりします。3歩進んで2歩下がる…と言う感じ。

2歩下がってもリョウなりのペースで確実に成長しているので、リョウがしんどくなった時には、大きな気持ちで受け止めたいと思っています。

またまた気持ちが抑えられなかったり、高ぶってしまう事があるかと思うけども、いま、穏やかに過ごしているこの経験は必ずリョウの力になるはずだと思っています。

先生の「リョウくんは大丈夫」の言葉に過剰に反応してしまう母ですが…
ちゃんと先生はリョウが支援を必要とする部分を理解してくれてるのか?
リョウの発達障碍という部分を軽視していないか??
心配や不安は尽きませんが…

母は、母としてやるべき事をしっかりとしていきたいと思います。

励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

15:06  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。