All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2014'03.23 (Sun)

ハルの事

5年生になったリョウの事も沢山書きたいことがあるけれど…

まずはハルさんの事を書こうと思います。

末っ子のハル。

名前で身バレしてしまいそうやけど…

偽名とか変な感じがしちゃうので、そのままの呼び名で登場です。


ハルが誕生したのはリョウが3年生。

次男坊が1年生の時です。

赤ちゃんが欲しい!できれば女の子がいいな…

そんな思いから待ち望んだ3人目でした。

でも、なかなか授からず。

授かってもお空に返ってしまったり。

私の中では長い長い治療の末

最終的には体外受精で授かったハル。


授かった赤ちゃんが途中でダメになってしまった時

義母が旦那に言ったらしい。

「もうやめときなさいよ。またリョウちゃんみたいに障害があったら・・・」と


最初は腹が立ったけど、自分も不安がない訳ではなかったから。

兄弟で発達障害がある事も珍しくないのは知っていたし、遺伝的素因があると言った専門家も居た。

脳の構造なのであれば、耳の形手の形が似てる様に脳の形も似ててもおかしくない。

もしも…と考えた事もあるけど、あたしにはリョウを育ててきた経験がある。

私がリョウを育てる姿を見て友人が

「ママの所だからリョウは生まれて来たんだろうね」なんて言ってくれた事があったけど

もしも…の事は考えず、赤ちゃんが欲しいという素直な気持ちを貫こうと思った。




励みになります!ぽちっ♪とクリックをお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

13:14  |  ハル2歳  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014'03.23 (Sun)

ハルの事2

待望の3人目が授かって、それはそれは嬉しくてたまらなかった。

でも、妊娠15週の妊婦検診で前置胎盤と診断され

28週には帝王切開で生むまで管理入院と言われる。

リョウと次男坊の夏休みに入るまでは安静にしているのを条件に

少し待ってもらって入院した。

この夏休みの日中兄弟でのお留守番…

恐ろしく色々ありました。

また振り返って書きたいと思いますが…


お腹の赤ちゃんが男の子だと分かったのは結構後の事だった。

やっぱりなぁ~って感じだった。

あたしのお腹から女の子は出てこなさそう(笑)


入院直前に前置胎盤だけではなく、へその緒の血管が子宮口に付いている前置血管だと判明!

さらに出産までのリスク&出産のリスクが上がってしまった。

定期的に自己血を貯血しながらの入院生活。

日中、兄弟喧嘩の度に鳴る携帯電話。

その度にベッドから起きて面会する場所?まで歩く…

まったく安静になってませんが??


そんなある夜中に、恐ろしく勢いよく破水してしまい

助産師さんもパニくる程大騒ぎ…


緊急帝王切開にて34週でハルさんが誕生しました。

体重は2500グラムしっかりあったけれど、肺が未完成だったかな。

呼吸器をつけてNICUにお世話になりました。

ひと月程して退院できたハル。


久々の赤ちゃんにみんなメロメロでした。




励みになります!ぽちっ♪とクリックをお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

13:31  |  ハル2歳  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014'03.23 (Sun)

ハルの事3

リョウも次男坊も小学生なので、次男坊の時の様に保育園の送り迎えもないし

比較的のんびりと育児が出来ました。

体は大きいハルさんですが、一応?早産児なので、

月1回の大学病院(出産した場所)で発達外来に通っていた。


最初の頃は

黄疸きつくないですか?
うちの子はみんな色白ですけど、この子黒くないです?

って事から、血液検査!
肝臓の数値が高い!!

名前忘れてしまったけど、胆道が無い病気。

命に関わる病気だそうで、消化器科やら小児外科やら

あちこちで検査検査で大変だった。

赤ちゃんの胆道はエコーなどで確認する事が難しいらしく。

お腹を開いてみないと分からない…そんなレベルらしくて

先生たちも慎重だった。

結局、問題なくすみました。


1歳を超える頃には、早産児とは思えないくらいにデカくなり。

うちの子達はみんなデカくてハイハイも遅かったし、歩くのも遅かった。

ハルも同じ様にすくすく育った。


やっとこさ歩き出した1歳4ヶ月。

3人とも同じ感じ。

ただ…

言葉が出ない。



励みになります!ぽちっ♪とクリックをお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

13:39  |  ハル2歳  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014'03.23 (Sun)

ハルの事4

1歳半頃は数ヶ月に1回になってた大学病院の発達外来。

肝臓の数値や貧血があったのでそちらの採血検査も落ち着いて来た。

でも、言葉が遅れている。

リョウの時も遅れているとは自覚してたけど

「男の子は言葉が遅いよね」

「3歳になってやっとこさ喋りだしたよ?」

そんな情報がママの間では当たり前に飛び交ってるよね。


私も別に気にしてなかったわけじゃないけど、3歳頃には話すかな?

のんきに考えてたなぁ。


でも、今の私は違う!

めちゃめちゃ知識はあると思う(笑)

知識だけじゃないよね。

勘?

ううん、ちがう。

雰囲気?


ハルを育ててると、何度も何度もリョウの子育てとリンクする。

あぁ、こんな感じだったな…


次男坊は何でもそつなくこなす子だった。

言葉も普通より早くて、あたしが心配する間もないくらいに

もうこんな事話すの??っと驚きの毎日だった。

運動神経も兄ちゃんが居るせいか、あっという間にリョウと変わらないレベル。

そんなリョウとは間逆?見たいな次男坊の子育ても経験しているだけに、違いは歴然だった。


ちょっとした玄関の段も絶対に母の手を取らないと降りれない。

バナナも自分では剥いて食べれない。

それどころか、自分で持って食べない。

滑り台の階段もビクビクで、何より手を着いて上る時に

手が汚れるが気になって動けない。


まだまだいっぱい似てる所は山のようにあるけど

これを他のママさんに話すと

必ず言われるだろうな…


「うちもそんな感じだよぉ~~」


リョウの時に散々言われたフレーズ。

仕方が無いけど、分かってるってか分かるけど…

まぁね…

誰もが持ってる不得意な部分や生きにくさが人より多いのが発達障害かな?

なんて思ってるので、そうなるよね。


ハルの場合は、同じ年頃のお友達が回りにあまり居ないので

そんな話をする機会も、同じ年頃の子と比較する機会もあまりなかったけど。

発達外来の先生には、たぶんこの子もそうかも…と話していた。

先生も、兄ちゃんが発達障害なので私の言葉をそっかそっかと聞いてたな。



励みになります!ぽちっ♪とクリックをお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

14:07  |  ハル2歳  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014'03.23 (Sun)

ハル2歳児健診

ハルが生まれて、市の健診には毎回行ってた。

当たり前よね…

でも、実際はめっちゃ面倒くさかった。

月に1度のペースで大学病院の発達外来に行ってるもんね。

体重も身長も頭囲も知ってるよ?

血液検査までしてるもんね。

発達のお話だって主治医にしてる。


それをいちいち市の保健婦さんに伝えるのは面倒に思った。

しかも、指差しとかしないから(リョウは出来てたけどね)

保健婦さんの空気が面倒くさかった。

なんて言うのかな?

遠慮がちに色々聞いてくる感じがね。

あたしは面倒くさくて(何回言うねん?)

「長男が発達障害なので、この子ももしかするとそうかもしれないですね」

っサラリと言ってた。


2歳児健診の時には若い保健婦さんで…

何やらぎこちなくて、ベテラン保健婦さんになにやら助言されての対応だった。

なにか煮え切らない感じで終了したので

「○○市には療育とかないんですか?○○市にはありますよね?」

っと聞いてみた。

リョウも保育園に入る直前の数回参加した事があった。

今もあるのかな?と聞いてみた。


すると、ハッと嬉しそう?な表情になって

その若い保健婦さんがすぐ横に持ってた書類の中から1枚のプリントをくれた。


用意してあるんかいっ!!(笑)

言い出し難かったのかいな??



結局の所、我が家の近くのセンターでの療育は1歳児さん。

ハルもそこで良いと言ってたけども、言葉の遅れや反応の鈍さ?を

年齢を下げてと言うか、1歳児さんの集団の中でと言うよりは

同じ2歳児さんの集団の中で色んな刺激を受けて欲しいと思うので

1度も行くことは無かった。

同じ日に生まれてNICUでも一緒だったお友達の地区で2歳児健診を受けたので

私の地元のセンターからも連絡します…なんて言ってたけど、実際は1度もないし~

なんかいい加減やなぁ~なんてね。



励みになります!ぽちっ♪とクリックをお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

14:24  |  ハル2歳  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。