All archives    Admin

05月≪ 2008年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2008'06.30 (Mon)

S君ちのプラレール…

先週の木曜日に、リョウと同じクラスのS君が家に遊びに来たいと言うことで、保育園終わりに遊びに来ました。
年少さんの頃は、お友達が夕方遊びに来てくれても、後半は一緒に遊ぶって感じではなくて、自分の好きな遊びに没頭したり「DVD見たい~」なんて言い出したりしてて、あぁ~やっぱり長くは続かんのかなぁ~なんて感じてた母。
保育園とか、大勢の中やとリョウが、ふと別の遊びに心変わりしても、1人で何かに没頭しても目立たないし、他の子も他のお友達と遊んだりしてるからいいけども、マンツーマンの時は、相手の子を思うと、リョウが友達をほったらかしで遊んでたりすると、母としてはハラハラするのです。

しかし、別の機会に、リョウが他のお友達の家に遊びに行った時、その家の子ととっても仲良しの男の子も一緒やってんけども、すっごい仲良しな2人でも、それぞれが別の事に没頭してたりして、それを見た母は、あらあら??結構こんな感じなのか?なんて思った。

普通って言い方はあまり使いたくないけども、他の子も結構同じ感じやったりする事もあって、母の頭の中には「発達障碍」って言葉がインプットされてるから、なんでも結びつけてしまう所がある。
でもでも…今は小さいから同じような感じでも、他の子は、成長と共に上手に相手の空気を読んだり、気を使ったり、合わせたりって事が出来る様になるんやろなぁ~
リョウは、同じように成長するかもしれないし、やはりコツコツと教えてあげたり沢山の経験を積まないと身に付かなかったりするかも…やし。だいたいこっちが多いよね。

そんなリョウやけども、最近は、お友達とマンツーマンで遊ぶ時間が伸びた様に感じる。もちろん、自分が興味がある遊びやからかもしれない。途中で「DVD見る~」なんて言葉は聞かれない。

この前のS君が遊びに来た時に、S君のママが迎えに来て車越しにバイバイをしてた時…
「S君、また遊びに来てね~」とか「S君、今日はありがとう」とか声を掛けるリョウ。
S君も「リョウくん、バイバイ~」「うちにも遊びに来ていいよ~プラレールもあるから!」と言った。

リョウはそのS君の「遊びに来ていいよ~プラレールもあるから!」のフレーズでフッと空気が変わった。真顔になるって事でもないけど、何か考えてる風な…

母の一瞬感じた空気は翌日ハッキリとしました。

翌日、保育園のお迎えに行きました。金曜日は次の日は保育園がお休みなので、母とリョウの約束で「寄り道デ~」なのです。リョウはこの金曜日をとっても楽しみにしています。

だいたい迎えに行くと「今日は金曜日?どっかいく?」と聞いてきます。

んが、この日は「Sくんのお家行きたぁ~い」と小声で言うから、母にはなかなか伝わらず…
なんとかリョウの訴えを理解した母やけど…
S君の母はお仕事してて、お迎えがギリギリやし、昨日の今日で遊びに行ってイイか?分からんし。

本人のS君も、今日は全くリョウと遊ぶモードではなくて、他の子と廊下で楽しそうに遊んでる。

「リョウはS君のお家に遊びに行きたいの?なら、S君に遊びに行ってもイイか聞いてみたら?」

すると、リョウはS君の所に行って「S君、あそび行ってい~い??」と、たどたどしく聞いている。
けど、S君は遊びに夢中やし、ハッキリと「いいよ~」って言葉もない。

母としても、S君の母とは仲良し~って訳じゃないし、何とかリョウを説得。
「今日は母と寄り道して帰る日やん♪どっか行こう?」「また今度、S君とお約束してからにしよう」などなど言って、しぶしぶリョウも帰るモードになりました。

リョウは、S君のお家にあるプラレールで遊びたいのです。きっと、自分のうちには無い電車を走らせて寝転がって見つめたいんやろうなぁ~

そして、翌日の朝…
「今日はS君のお家行く?」と聞いてくるリョウ。
「へ??今日は保育園お休みやし、行かへんよぉ~~」

そして、その次の日曜日も、母の目が覚めるとリョウも起きていてベットに寝転んだまま目が合う。
「S君のお家行く?」

ゲロゲロ~~

リョウはどうしてもS君のプラレールで遊びたいねんなぁ~~

そして、本日。
バタバタと保育園へ向かい、駐車場で車から降りる時に、

「今日、S君来てるかなぁ~~?」とリョウ。

覚えてますよ~~!!きっと、ずっと覚えてるよなぁ~
今日のお迎えの時に、またS君のお家に行きたいって言いそうやなぁ。

困ったなぁ~どうなるかなぁ~~


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

20:34  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

2008'06.30 (Mon)

児童相談所のS先生と電話…

さて、前回の記事の続きですが…

児童相談所へ面談の予約の電話を入れました。
すると、大人気の言語療法士のH先生は出世しはったのかな?厚生労働省で発達障害対策専門官として移動になったそう。

あらあら~って感じ。
で、電話に出た人と、少し話しました。

「どこの保育園へ行ってるの?」
「○○保育園です」
「あら、わたし何度か伺ってるけどぉ…」
「やっぱりそうですか??声が似てるなぁ~っと思ってました!」

そう、園に訪問してくれる児童相談所の民政委員のS先生でした。

「荒れちゃってるの?随分と落ち着いてたのに?」

「まぁ、そんな荒れ捲くってるって訳じゃないけども、加配の先生も新しく変わったし、就学もあるので、ちょいと相談してみよっかなぁ~っと思ったんですけどね~」

と、母。結局、以前から居る先生1人と、H先生の変わりに来た先生が1人居てるけども、予約については積極的じゃなく…ちょっとお勧めしないかなぁ~なんて言ってた。(謎)
なので、H先生が居ないのなら、その奥様がこども病院の作業療法士さんで、数回お世話になってるので、本気で相談したい事があれば、こども病院へ行きますと言った。

そして、ちょいとモヤモヤしてた思いを話してみました。

教育委員会から来園した先生の話。コントロール出来てるって事!のくだりを…
すると、「ずっと我慢させて…って事ではいけないしね。抜ける所がないと…」
みたいな事やったかな?を言っていた。

少しの間話をしたけども、あたしは教育委員会のKJ先生よりも、この児童相談所のS先生の方が「うんうん」と頷ける言葉が多いのよなぁ。

そして、就学に向けては、○○養護学校のK先生と言う方が相談に乗ってくれるらしくて、就学前にリョウの様子を見てもらって、小学校へ状況や支援方法などを伝えてもらうといいのでは?と教えてくれました。

児童相談所のS先生は、2学期頃にまた来園予定だそうです。



リョウを支えてくれる人は沢山居ますが、その分情報も沢山。
その中から、リョウにとってプラスになる方法を、母と園の先生とで見つけて行く事が大事なんだと思う。発達障碍と言う教科書の内容だけじゃ当てはまらないし、教科書どうりなんかじゃないから。でも、沢山の人がリョウに関わることで、視野は広がると思うし、ヒントも沢山に増える。
リョウ本人を見つめて行く事が大切なんだと思っています。

ただ、リョウはずっと保育園に通うわけじゃない。リョウを理解してくれる人がいつも側にいてくれる訳じゃない。
小学校・中学校・高校・もしかすると大学や就職…
リョウの成長を共に支えてくれる人を見つけたいなぁ~っといつも考えています。
この人なら、リョウを理解してくれてる。母を理解してくれている。我が家を理解してくれている…
そんな出会いは、これから訪れるのだろうか?それとも、すでに出会ってるのだろうか??

励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

14:11  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'06.27 (Fri)

リョウを取り巻く人々のアドバイスに…(悩)

先日、保育園に教育委員会から定期的に訪問しているKJ先生が来たそうな…
この方とは、リョウがひよこ組(未満児クラス)の時から、年1回程、懇談をしています。
ちょっと若いお爺ちゃんって感じの人です。

午前中、リョウの様子を見てもらい、(もちろん他の加配付きの園児も…)
午後、1時間程の懇談があります。

今回は、懇談なしバージョンの来園だったみたいで、当日のお迎え時に聞きました。

担任のA先生から、簡単にKJ先生との懇談の内容をお話してくれましたが…
リョウは、いつもKJ先生が来た時や、他にも児童相談所から来た民政委員の、これまたお婆ちゃん先生?達が来た時も、様子をうかがってるのか?いつもの園生活より穏やかに過ごしてしまいます。しまいます…は、変?笑

なので、本来のリョウを見てもらう事が出来ないんやけどぉ…

という事で、園には教育委員会からと、児童相談所からと…2組の専門?の方?が来園します。

長々と前置きが長いけど…(あたしの文才の無さやな~)

言いたい事は…

リョウを取り巻く支援・アドバイスをしてくれる人々が複数居る事。
そして、その人たち、それぞれに考え方がある事。
さらに、リョウを100%理解・分かってる訳では無い事…



園に来る人以外にも、リョウが言語療法へ通ってるので、現在のSTの先生。
そして、現在産休中の3歳からお世話になってるSTの先生。
こども病院の神経科の主治医。
現在は通ってないけど、こども病院の作業療法の先生。

カテゴリー診断までの経緯の中でも記載してるけど、リョウが始めて言語の遅れで面談をしたあの日から、沢山の人たちからアドバイスを受けてきた母。

どの人が言った事が正解で、どの人の事が不正解!なんて事ではないので、とっても困ります。
話を聞いていて、「ん?それはリョウには向いてないかも?」とか、「いや、リョウはそんな感じではないしぃ~」とか…
そういう場合は、聞き流している私。
もともと、自分が共感した事にしか受け入れない人やし…(みんなそんなものかな?)

沢山のアドバイスをもらう中で、う~ん…この人の話はどうも合わんなぁ~なんてのがあって…
それが…教育委員会のぉ…
うっ!このブログ誰にも見つからんかなぁ?(って、今さらか?)

なので、いつもあまり真剣に話を聞いていません。ごめんなさ~い!!
今回も、『私たちが来て、リョウくんが穏やかに過ごしてると言う事は、ちゃんとコントロール出来てるからだよ』と、言われていたそうで…

はい。そうかもしれませんね~

で??

あたしが意地悪いだけ?かなぁ?

そんなん、いつも誰か知らない人が見に来てなアカンやん!
普段から、コントロール出来てなアカンのとちゃうのかなぁ~
KJ先生が来た時にはコントロール出来てるのだから、出来るんだよ!は、ブブーー!だと思う。

他にも、注意する時は、担任であるA先生からしていき、加配のK先生はサポートに徹する…

年長の3学期には、加配がいらないくらいにしていく。加配の先生は廊下から見てるくらいの感じで…


何やら、あたしの頭がわるいのか…さっぱり響いて来ない内容なのです。


そして、その数日後…

何となく、モヤモヤ~っとしてて…

カテゴリーの診断までの経緯の中の記事でも記載している、リョウが2回目に面談した時の言語療法の先生が、児童相談所で隔月で面談をしてくれるという事で、リョウが診断を受けた後に予約を入れて、年少の12月に面談させてもらった事がある。

その先生は、長野県では有名な方で、大人気の先生です。
その面談の時は、沢山のアドバイスを頂きましたが、中でも印象的だったのが「大丈夫…が落とし穴なんです」と言う言葉。
その他のアドバイスは、ちょっとリョウには「そこまでじゃなくても?」と感じたのですが…
その落とし穴…と言う言葉だけは、怖い!と思った。

大丈夫、リョウくんは分かってるよ。
大丈夫、リョウくんは出来るよ。
大丈夫、リョウくんは頑張ってるよ。

落とし穴なのですって!

母として、落とし穴なんて聞かされると、ハッキリ言って怖いです。
息子の為に!どんな事でも!と思ってる母やのに…落とし穴やったりしたら…

その言葉が頭から離れないから、あたしは先生に懇談をお願いして、コンコンとリョウの事を知って欲しい!軽視して欲しくない!って思うんです。


あ…また話それてるし…


そんな、先生に、またまた面談してもらおっかなぁ~相談してみよっかなぁ~っと、
先日、児童相談所に電話を入れてみました。


長くなったので、また次回に…


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

23:28  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2008'06.23 (Mon)

あたしはあたしらしく…頑張ってくか…

毎日毎日、PCに向かって記事を更新しよう…とはしてるんやけど…
書き出しても、途中でやめてしまう日々が続いています。
コチラのブログ、何やら記事の途中で記事が下書き保存されるシステムになったみたいで、中途半端な記事が沢山保存されててビックリ…

6月に入って、リョウは大きな声が出たり、何やら怒って教室を出て行ったり…
お昼寝も出来ず…やったり。教室では静かに絵本を読んだりしているらしい。
「ボク、ネンネしない!!」と怒って口走っても、結局は寝てしまうって感じの年中組時代とは違って、ホントに寝ないみたい。お陰で?夜は即寝状態。

加配のカオリ先生は「今はリョウくんに試されてるのかなぁ?なんて思っています」と言ってました。
過去の記事『発達障碍児だからな部分と、そうでない部分との見極め…』でも書きましたが、ひよこ組(未満児)から年少に進級した時も、年少組から年中組に進級した時も、環境の変化の為か、リョウは様子を伺ってるのか?最初の頃は穏やかに過ごせるけども、ジワジワ…と荒れていくのはいつものパターン。

園でのリョウの様子をコッソリ見て見たいなぁ~っと真剣に考えてる母。
特殊メイクしてくれる人居てないかなぁ??



さて、このブログを始めた理由として、あたしと同じ様に発達にハンデがある子の育児に向き合う方たちと交流したい事や、未診断でいったいどうなの?と不安に思ってる方や、診断を受けて自分の子はどうなるの?保育園は?小学校は?見えない未来への不安を少しでも解消出来れば…なんて、あたしがネット検索し捲くりで、参考になったり望みが持てたり、不安が解消されたりしたので、何かの役に立てば…と思い始めた。

あたしは、もともと人に何かを相談したりするタイプでもないし、弱った姿を人に見せられないたちで、人前で涙を見せる事も出来ない人間。
そんな自分の為に、ホンマの自分の心境やったり本音を吐き出す場所に…というのもブログを始めた理由のひとつです。

自分が書いた記事をポツポツと読み返して見ると、やっぱりあたしが書いた記事やなぁ~っと思う。当たり前やけどね。
なんか、自分にムチ打つと言うか…前向きな文章やったり穏やかな良い母っぽかったり…
実際は、やっぱりオラオラ~で自己中心的な育児やし、園で荒れてるリョウに、どうしたら良いのか?と先生との会話にアンテナはり捲くって、脳みそシワシワになるくらいに考え捲くってクタクタでスッゴイ疲れてたり、イライラして子供たちに当たり倒してたりするし、

あたしはいつも元気印!と思われる。
園でも、リョウの同級の子供たちへ自分でもテンション高っ!と思うくらいに声をかけ倒し…
すれ違うママ達と立ち話の連続…
先生とも笑顔で対応…(これは怖いと思われてるかも?笑)

なんか…いつか燃え尽きてしまいそうで自分が怖い…


3日程前かなぁ?
いつも寝るのは深夜なあたし。
ベットに入ってもなかなか寝付けなくて、何でかなぁ?目をつぶると涙が出てきそうになるから…
アカンアカン…と、このモヤモヤをブログに書こうかなぁ~なんて思ったけど、そんな元気も無くて…
結局、目をつぶって涙が流れたけど、そのまま寝た…(寝たんかいっ!?)

あぁ…弱ってるなぁ~なんて思いながら寝たけど、今思い出そうとしても、何に弱ってたのか思い出せない。
いつの間にか、弱ってる自分を忘れてしまって、またまたフル回転で生きて、でもやっぱり弱ってた事実は事実で…どんどん弱っていくとかないよな?とか、病気になったりせんよな?とか、心が折れてしまったりせんよな?と思ったり…


そんなに深く考えんでもええのに…
そんなに不安に思わんでもええのに…
そんなに心配し倒さんでもええのに…
そんなに早足で急がんでもええのに…
そんなにテンション上げていかんでもええのに…
そんなに警戒せんでもええのに…
そんなに強がらんでもええのに…
そんなに疑わんでもええのに…


自分に掛けたい言葉は沢山あるけど、性分と言うか…
もうどうしようもないもんね。


何やら訳わからん内容になってしまったけど、何をどうしたって自分は自分で、自分らしく頑張るしかないし…オラオラでグウタラでワガママな人間やけど…
子供たちにも迷惑かけて可哀想な思い沢山させてるけど、愛し愛し捲くってあたしらしく家族を守っていこうかな…

っと、またまた強がってムチ打つ…


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:52  |  母の想い  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑

2008'06.17 (Tue)

サンタの存在

リョウの言葉が出だしたのは4歳を過ぎた頃からで、コチラからの指示などは理解して行動を起こす…って事は出来るものの、コチラからの質問に答えるとか、物事についての説明などの理解は乏しかったリョウ。

う~~ん…?リョウは分かってるのかなぁ?と、何かについて説明する時や叱る時など、リョウのトンチンカンな返答や反応に頭を抱える事はしょっちゅうでした。
年少時に比べると、意思の疎通も随分と出来る様になったし、理解力も伸びたけども、一般的な子どもに比べると、まだまだまだまだ!今でも頭を抱える事はしょっちゅうですが…

そんなリョウに、母は理解してもらおうと色んな工夫を凝らしました。


例えば…


クリスマスプレゼント 

3歳には「サンタ」さんの存在なんて、まだ理解出来へんよなぁ~なんて当時は思ってて、障碍とか関係なくリョウがわかる様に…と思ってした事やけど、去年のクリスマスに3歳になった次男坊は、しっかりとサンタさんの存在を理解してて、あぁ…って感じの母でしたが…

3歳のクリスマスには、リョウが好きな鉄道の絵本をプレゼントしました。
サンタさんの存在がわかる様に?わかり易い様に…と、母は絵本が入るくらいの大きな靴下風の袋を作り、前日から「サンタさん来てくれるかなぁ~」なんてリョウに吹き込み…(ま、反応ゼロやったけどね~汗)

そして当日、玄関にその靴下風の袋をぶら下げて、リョウに見つけさす作戦!!
んが、別にぃ~~ってリアクションってか、まったく興味なし!でした…号泣

母が1人でテンション高く『わぁ~♪何々ぃ~??サンタさんからのプレゼントちゃうぅ~??』と、袋をリョウに渡し、母のテンションとは真逆のテンションで絵本を取り出し、夢中で読むリョウ…ガッカリ2

かぁちゃん、この袋…結構頑張って作ったのにぃ~落ち込み



そんな苦い思いをした母…翌年、リベンジ!!

4歳になったリョウ。年少組になり言葉もチラホラと出てきたので、理解力も伸びていました。
前の年のクリスマスシーズンにも我が家のポストに入ってたチラシ!!この年も入ってました!

JA(農協)の職員の方がサンタ姿になり、プレゼントを渡しに来てくれるという企画!

今思い返すと、この年のクリスマスプレゼントは、リョウが『僕はハイパーレスキュー2号で、カズトは1号ね♪』と、自分でリクエストをしてたのよなぁ~(遠い目)
うんと成長したなぁ~~

そんなリョウのリクエスト通りにプレゼントをゲットし、母はJAさんに届けておきました。
クリスマス当日!クリスマスパーティーをして母と父ちゃんの中ではサンタ待ち!!
子どもやねんから寝る時間もあるのに、早くしてくれぇい!!とヤキモキしたけど、8時過ぎにやっとこさ来てくれました!!

母の予想とは違い、若いサンタさんで…(やっぱ、新入社員のお役どころ?)
わざと年寄りに見せる為か??すんごい猫背でした(苦笑)

ピンポーンとやってきたサンタさん。リョウは怖かったのか?玄関までなかなか出て行かず、母がドアを開けました。リビングまでサンタさんが来てくれて、リョウとカズにプレゼントを渡してくれました。
リョウもカズも「ありがとう~!!」とちゃんとお礼を言い、リョウはサンタさんに質問!!
(きっと、園に来てくれたサンタさんにも質問コーナーがあったのでしょう)
『サンタさんのおうちはどこ?』  や、 『トナカイさんはどこ?』などなど…
『トナカイさんは、お外で待ってるんだよ』とサンタさんは言ってました。

そしてサンタさんを玄関までお見送り…


その時…

車大好きなリョウは、家の前にハザードを点滅させて停車している車に気付き!!

「かぁちゃん??誰の車??」としきりに聞いてくる…絵文字名を入力してください
「サンタさんの車??誰の車?」

母は「さ、さ、さぁ~??誰の車かなぁ???汗


おいおい、サンタさん!!詰が甘いのよ~~!!

その後も、リョウはあの車は誰のなのか??と不思議そうで、何度も聞いてきたけど…
保育園でも「サンタさんが来てくれたんだぁ~」なんて言ってたので、母的には作戦成功!!
かな♪

もうスッカリサンタさんの存在を理解しているリョウ。
5歳のクリスマスでは、随分と前から(9月くらいから…)サンタさんへのクリスマスプレゼントのリクエストを考えたりしていたリョウ。
「雪が降ったらサンタさん来る?」と、待ち遠しいリョウ。

今年もJAさんにお願いしよう♪と思っていた母。
クリスマス前に子供たちとサンタさんにお手紙を書きました。プレゼントして欲しいモノを絵に描いて♪

しかし!!今年はJAさんの企画が無いのか?チラシが入らなかった!!

そして、母と父ちゃんとで作戦会議!!


父ちゃん、いつもの様に席を外す…

子供達は必ず『父ちゃんウンチ?』と聞く…(トイレは玄関横)

父ちゃん、こっそり外に出て車からブツを出し、玄関ドアの前に置く。

あらかじめ、インターフォンにサンタさんの絵を貼付けておく。

(さっき、試してみたけど、夜やから暗くてカメラが夜用?になってて、光ってしまうから、明日の朝に再チャレンジ予定!)

インターフォンモニターの下に、あらかじめイスを置いておく。

子供達が誰?誰?と、いつもの様に覗く。

『あ!サンタさん!!』

母は、ばれる前にモニターを消す!

子供達がドアを開けに行く。

父ちゃんは、何食わぬ顔で勝手口から家に戻る。

子供達はプレゼントを見つけて大興奮!!

以上!

さて… 成功するかなぁ?




↑当時の日記引用(手抜き?)

実際は、サンタさんの絵ではなくて、サンタの小さな置物?を小さなケースに入れて、インターフォンのカメラの部分にテープでくっ付けておきました。

室内のモニターで見ると、かなりオモチャ丸出しやねんけど…


そして、当日!

作戦通りにインターフォンが鳴って、室内のモニターが着くと、リョウはイスに乗ることなく、瞬間的に『あ…サンタさんだ…』と呟きました。
「ホンマや!!行こう!!」と、母はモニターを消し、玄関へ子供たちを誘導するも、リョウは今年も怖いのか?なかなか出てきません。

母が玄関を開けて「あぁ~!プレゼントかもぉ~!!」と言うと、子供たちはいっきに駆け寄って来ました。
「わぁ~♪ホントだ!!あれ?サンタさんは??」とリョウ。
「あれ?もう帰ってしまったのかもよ?あわてん坊のサンタクロースが来たんじゃない?」と母!
うまい!!(自画自賛)

子供たちは、玄関先で大きな声で何度も何度も「サンタさん、ありがとぉ~~~~!!」と空に向かって叫んでいて、可愛かったです♪
リョウは家の中に入ってからも、天井見上げて「プレゼント、ありがとぉ~」と言ってた。


我が家のクリスマスはこんな風に過ごしました…


何か理解する力とか、他の子供に比べると乏しくて、ゆっくりペースでの成長やけども、リョウはリョウなりに成長していて、サンタさんの存在だけじゃなく、今現在、なかなか理解出来ない事、母が頭を抱えてしまう様な事も、いつかは『頭抱えてたよなぁ~』と振り返る日がくるんやろなぁ~



励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:43  |  リョウのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2008'06.12 (Thu)

初めての小学校、特別支援学級の先生との懇談

本日、予定通り小学校へ行って来ました!
同じ園のASの男の子ママと一緒です。

我が家は、小学校のすぐ近く。家の裏の田んぼの向こうが小学校なので、家の窓から運動場が見えます。実際は木が生えてるので、中までは見えないけど…
いつも見えてる学校やけども、校舎の中に入ったのは初めて!

自分の小学校とは全く校舎の構造が違っててビックリやった!
2クラスが向かいあっていて、クラスとクラスの間の踊り場?に靴箱やトイレが付いてる。
学校の地図を見ると、トイレが17個もある…ビックリ!しかもキレイな感じ。
そして、階段もいっぱいある…

あたしの小学校は、校舎の作りはシンプルで、各階になが~~い廊下があって、教室が並び、階段は真ん中に1個と、外階段(非常階段?)が1個。トイレも廊下の真ん中くらいに1個!トイレの中には便器は5・6個あったけどね…

うわぁ~~スゴイ!スゴイなぁ~!迷路みたい。迷子なるわぁ!!(あたしが…)
なんて…うるさいオカン達でした(苦笑 )

普通クラスもチラッと見学して、たんぽぽ学級も見学。
たんぽぽ学級は1組と3組が合同で『べっこう飴作り』をしていました。子どもの数は2クラス合わせて8人くらいかな??
教室内の張り紙やら時間割やら見てきましたが、ゲッ??こんな感じ??とビックリでした。
その教室の時間割には、殆ど授業らしい授業が無かったし、べっこう飴作りも、保育園の延長…みたいな雰囲気。

そして、たんぽぽ学級の2組もドアの外からチラッと見ましたが、何やら算数の勉強みたいでした。でも、2人の子供が何やら賑やかに過ごしてて、授業って感じには見えなかった(滝汗)

普通クラスは、やはり2ヶ月前までは保育園児。まだまだガサガサしてたけども、やっぱり学校って感じでした。

ぐるっと見学して、素直な母の気持ちは、どうしよう…って感じ。
普通学級では、きっと辛くなってくる…でも、今日見たたんぽぽ学級の授業ではリョウには物足りないと思うし、もっと出来る事もあると思うし…

そんな風に漠然と不安と苦悩でクラクラしながら居てると、1人の先生がやってきて声を掛けてくれました。

先日、電話をして来てくれた、特別支援学級の担当のY先生でした。
わざわざ母たちを探しに来てくれて、4時限目の授業が終わったら懇談してくれるとの事!!

そして、お友達ママと3人で懇談。

先生は、特別支援学級の事をわかりやすく教えてくれました。

たんぽぽ学級1組は知的障害学級
たんぽぽ学級2組は情緒学級
たんぽぽ学級3組も情緒学級



去年?やったかな?それまでは、情緒学級は1クラスしかなくて、Y先生が6人程を1人で担当していたそうだが、人数が増えて先生が1人増員になったので、クラスを2クラスに分けたそうです。

2組は、たんぽぽ学級に在籍してるけれども、通常クラスにも通いながらの生徒。
3組は、たんぽぽ学級だけで学習してる生徒。



母は嬉しかったぁ~!!普通クラスと特別支援クラスを行き来できるシステム!!
先生はとっても詳しくわかりやすく教えてくれました。

学年の途中から、様々な理由でつまずいてしまって、たんぽぽ学級に籍を置く様になった子も居れば、たんぽぽに在籍してるけれども、6年生になり、本人が「ボクはもう大丈夫!」と言って、ずっと普通クラスに通ってる子も居るらしい。

朝の会や給食。体育・音楽。イベントごと、掃除の時間などなど普通クラスでも出来る事は全て普通クラスで生活して、苦手な部分は、たんぽぽ学級で学べるそうです。

とってもアバウトと言うか、保護者とクラス担任とたんぽぽ学級の担任とでイロイロと話し合いながら決めて行けるそうです。

そして、クラスの子供たちも、○○ちゃんはたんぽぽ学級で頑張ってると言う事を話してくれるので、いってらっしゃい!おかえり~!と、いい雰囲気で過ごしているそうな。

先生も、発達障碍については良く理解してくれている感じでした。知識はあっても、実際の対応はどうか?は、まだまだわかりませんが、印象は悪くなかったです。

母たちの心配する、子供たちからのからかいやイジメの問題。周りの子供たちからの存在感など話している時に、先生が

「入学してからクラス懇談会などで、『私の子どもはたんぽぽ学級に在籍しています』と話すだけで、周りの保護者の方は理解してくださいます。10人居れば、2人は何か辛い事を言ってくるかもしれません。ほかの2人には無視されるかもしれません。でも、残りの6人は、がんばろうね!と声を掛けてくれます。」と話してくれました。Y先生、その話の時、涙ぐんではりました…

授業中でも疲れてきたり、イライラして来たりすると「イライラして来たので、外へ行って来ます」と言えば、ちゃんとそういう時間も作っています…風な事を聞いて(実際の言葉は忘れちゃった…汗)
リョウも、現在も怒ったりして教室を出てしまう事があるし、以前も園にカームダウンエリアの件で話をした時にも、甘えてしまわないか?と言う話があったので、先生に聞いてみました。

やれば出来るかもしれないのに、甘えが出たりはしないのですかね?発達障碍児だからって事ではないかもしれないけども、本人はマジメ過ぎる程にマジメなので、ズルしたりとか甘えとかって事には繋がらないのでしょうか?と…

Y先生は、それは甘えなら甘えでもイイのではないでしょうか?と言いました。
こちらも、甘えだと思っていていいと思います。ただ少しずつ時間を短くしていくとか、頑張って行くようにしていけば…
いきなり、その部分をゼロからって言うのは本人も辛いですしね…
(こんな風な感じの事を言われていました)

少しホットしました。
少しずつ、その子のペースで頑張っていけばいいんやなぁ~と…

特別支援クラスか??普通クラスか??と迷っていた母にとって、その真ん中と言うよりも、その両方をリョウのペースで行き来できるシステムであった事に安心しました。

たんぽぽ学級に籍を置く事によって、たんぽぽの先生も手を貸してあげられるそうで…
やはり籍が無いと、担任の先生との兼ね合い?もあって、なかなか手が出せないそうです。
そして、中学校に進学する時にも、たんぽぽ学級から、中学校へ情報をしっかりと伝達してくれ、中学校では個別指導が受けられるそうです。リョウの通う中学校は小学校の生徒がそのまま進学します。他の小学校の生徒が混ざらないのです…

たんぽぽ学級に在籍して、通常クラスに通って居る場合は、通知表はたんぽぽ学級から出るそうで、通常クラスは○・◎・△で記されるらしいが、たんぽぽ学級は、先生が手書きの文章でくれるそうです。
毎日の宿題も、たんぽぽ学級の先生が出してくれるとも…

通常クラスに通い、少し授業が難しくなってきたり、クラスの雰囲気に馴染めなかったりしたら、先生たちと相談してたんぽぽ学級で学習したり出来る…

現在6年生の男の子の様に、自信がついたら「俺はもう大丈夫!」と言って、普通学級にずっと通う子も居る。またしんどくなってしまった時には帰って来れる…


他にも、たんぽぽ学級で生徒が1人も居ない時間(みんな通常クラスに行って)もあって、そんな時、先生は1年生とかのクラスに補助に入るそうです。

入学前でも、通常クラスは難しいけども、たんぽぽ学級なら一緒に活動したりもOKなので、いつでも連絡してくれれば連れてきて下さいとの事。
先生との懇談も4時以降ならいつでも連絡下さい!と言ってくれました。

お友達ママと2人で、「でも…でも…、先生春になったら移動って事もあるんですもんねぇ~?」なんて突っ込んでおきました。障碍に理解のある先生ならいけど…先生変わるとガラッと変わるもんなぁ~
先生は苦笑いやったけど、こればっかりはどうにもならん事やしね。


まだ、1日お話を聞いただけやけど、かなり不安が解けた気がします。

普通学級だと、最初は頑張れてもダメになって来るかも…勉強も理解出来ないかも…
特別支援学級なら…でも、もしかしてリョウは普通学級でも頑張れるのかもしれないのに、やってもないのに決めてしまっていいのか??集団生活の中で出来る事いっぱいあるのに、すべて削いでしまっていいのか?

そんな葛藤の中、小学校のシステムを聞いて、その子、その子のペースで学校生活を送れそうなので、嬉しかったです。
まだ未知の世界なので、学校に入ってから見えてくる事がいっぱいあるだろうし、不満も出てくるかもしれないけど…現時点では、1つ不安って言うか、迷いの部分が解消されたと思います。

あたし、文章がヘタクソやから、思い出した事をいっきに書いてしまったけど…
わかりづらくてすみません…

励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

00:27  |  就学に向けて  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'06.11 (Wed)

発達障碍児だからな部分と、そうでない部分との見極め…

年長クラスに進級して、まるまる2ヶ月が経過しました。
加配の先生が変わった事と、年長さんと言う自覚もあってか??穏やかに過ごしてきたリョウ。
先生との連絡帳の内容も、ご機嫌に過ごすリョウの1日の様子…

しかし…少しずつ大きな声が…出てきた?絵文字名を入力してください

そして、この数日…荒れているそうです…ガッカリ

発達障碍児は環境の変化が苦手やったりするけど、リョウの場合は結構平気で、逆に変化を楽しんでるのか?ってくらいに機嫌が良かったりします。
4月・5月は様子をうかがってる風で、比較的調子がイイんですね。

なので、そのうちに爆発し出すやろなぁ~っと思ってました。

月曜日は園のお隣にある農業高校へ「サツマイモ」の苗を植えに行ったそうで、高校生のお兄ちゃんに教えてもらいながら植えてきたそうです。
この日も大きな声が沢山出たそうで、お昼寝から早く目覚めたリョウは隣で寝ている大好きなMちゃんにちょっかいを出し、泣かしてしまったそうで…汗
大好きなMちゃんを泣かしてしまった事がショックだったのでしょう…素直に謝れず逆切れ状態(やと思う)で、教室を出て、2階の教室から園庭にまで出てたのかなぁ~??
母がお迎えに行くと1階の下駄箱に靴が出てたので
ムムム??荒れたか??と即効で母はキャッチ!!

翌日の火曜日も、避難訓練があり、リョウは訓練時のベルの音や放送が苦手なので、先生に訓練がある事を聞くと、ずっと耳を塞いで押入れの奥で固まっていたそうです。
今回は、消防車や救急車が園に来てくれたので、その後は大喜びやったらしいけども、お昼に皆と一緒に「ごちそうさま」が出来なかったと怒ってしまったらしく、皆にブーーー!とやり捲くってたそうですマジですか
もちろん、この日も靴が置いてあったので、ゲッ!今日も?って感じ…


リョウは自由時間が少ないと、イライラしてくるみたい…?リョウなりに1日のリズムがあって、そのリズムが狂うとイライラがつのって、消化出来ず、お昼頃に爆発するのかなぁ~
何か、行事や工作など作業が入ると荒れる事が多いと思います。

なので、これからプールが始まるし、夏休みが終わると運動会の練習が連日行われる。
去年の運動会の練習時期も、園庭で練習が終わって教室に戻ると、リョウはお気に入りのミニカーなどを並べたい。で、遊びだすと、お友達から「給食のお支度だよ」と言われ、怒ってしまう!
こんな事が続いたしね~~

今日は、午前中は園庭で沢山遊べたはずやのに、自分の上履きが見当たらなかったらしく、お友達の靴を持って逃げてしまい、「やめて」と言われた事で怒ってしまったらしい…
悪い事は悪いので、先生からも注意を受け、更に怒ってしまったそうです。
先生に怒られてしまってショックやったかな?気持ちが高ぶってか?今日はお昼寝が出来なかったそうです。

先生からのコメントで「自分をうまくコントロールできない時って大人だって有る事です。うまくコントロール出来る様にサポートしてあげる事が私たち大人の役目だと思っています。」と頂きました。

何となく、何となく、しっくり来ませんが…先生方にお任せするしかないですね。


この2ヶ月、調子が良かったので、園の先生やSTの先生の言うように、普通学級でも大丈夫かなぁ?と思い始めてた母ですが、またまた悩み度がUP…

ホントにこの1年は、就学に向けてリョウの生活面や情緒面を少しでも伸ばしてあげたいとも思っているけども、一番大事なのは、リョウの本質を見ると言うか、リョウの苦手な部分、支援が必要な部分を見極める事だと思っています。

甘えなのか?甘やかせなのか?ホントは出来るのか?やはり難しいことなのか?
我慢できるのか?我慢させた方が良いのか?我慢出来ないのか??

先生もきっと自問自答しながら試行錯誤でサポートしてくれているのだと思います。

母はいつも悩みます。

どこまでがどこまで…?



さてさて…明日は小学校へ行って来ます!jumee☆biceps1



励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:25  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'06.05 (Thu)

就学に向けて…初めて小学校と接触!!

先日、園から『公開学習参観のご案内』なるモノを持って帰ってきたリョウ!

キタァーーー!!!>∀< (織田裕二風味?)

いや、そんなテンションではないけど、小学校の公開授業っちゅうのが有るって言うのは回覧板なんかで見かけた事があったので、絶対に行こう!と思ってたのです。

で、内容は…

1年~6年 (4校時) 13時15分~14時
4年~6年 (5校時) 14時05分~14時50分



4時間目って、午後なん??と、初めて知ったあたし…ビックリ~こらー
これって…『ゆとり教育』ってやつなのか?
あたし達の頃って、6時間目まであったのにぃ~?(浦島太郎状態!)

そして、母は本日初めて小学校へ電話を入れました。(ドキドキ…絵文字名を入力してください)
担当は教頭先生だったので、教頭先生に繋いでもらいました。
やはり小学校。男の先生でした。学校独特なのかなぁ?丁寧な対応でした。とっても物腰も柔らかくて、全く悪い印象は無かったです。
別に戦闘態勢な訳じゃないけども、母にとって未知の領域であり、大切な息子を託す場所だけに、アンテナ張りまくり…?やったかも?

「現在○○保育園の年長クラスに通っている発達障碍をもつ男の子の母の○○と言うものですが、公開学習参観の件でお聞きしたい事がありまして…」と、話をさせてもらいました。

「当日は普通学級のみの公開でしょうか?よろしければ、特別支援クラスも参観させて頂きたいのですが…」

教頭先生は「それはもちろん!ご覧になってください」と言っていただきました。グッ
そして「もしよろしければ、担当の職員から当日の事など折り返しご連絡させて頂きますが、いかがでしょうか?」と…

教頭先生に電話番号を伝えて、丁寧な挨拶をし合いながら??電話を切りました!笑

子供たちを保育園から連れて帰って来てしばらくすると電話が鳴りました!
「うひょっ!!こんな時間に電話が…アップロードファイルもしや、学校ではないか!?」と妙に慌てる…(謎)
いつもは「はい!もしもし?」としか出ないあたし…気持ち悪い事に「はい!○○です」と、丁寧に出てみました。ぷっ!

電話の相手は、やはり小学校の担当の先生(男性)でした。コーディネーターの先生なのかなぁ?
この先生も、とっても丁寧に話してくださいました。
特別支援クラスは「たんぽぽ」学級と言うらしくて、1組と2組があるようです。
当日、1組はペットボトルでロケットを作るらしくて、2組は国語と算数って言ったかなぁ?国語だけかなぁ?(既に忘れてる…汗)
各クラスのシステムは良くわからないので、当日、しっかり見てこようと思います。

特別支援クラスから始めようと考えていた母が、様々な方からの意見を聞き、普通学級でも大丈夫なのかなぁ?と気持ちが動き始めたこの頃…
内容がわからないと何も決められないし、用意された支援を選択するだけじゃなく、リョウにとって必要な支援を支えてくれる人たちと共に考えて行きたいと思っています。
ま…何かを動かしたり新しく始める事って簡単じゃないけど、動かないと何も始まらないし!これから後に続く支援を必要とする子供たちの道筋になれれば!!と思います。

そんな熱い想いの母にとって、今回初めて未知の領域への接触は、もちろん1歩ではなく…
母の心の中の大きな卵がコツコツと刺激を受けた様な…そんな心境です!(謎?)

12日に小学校へ行ってきまぁ~す!


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:17  |  就学に向けて  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2008'06.03 (Tue)

マジメで一生懸命

昨日の先生からの連絡帳の一文です…

氷鬼をやって遊びました。逃げるのはニコニコでしたが、鬼になると、なかなか捕まえられず、逃げる子の「たんま!」(タイムかな?)に振り回され、まじめなリョウくんはヘトヘトになってしまい、ついに助けを求めてきました… 



リョウの遊ぶ姿が眼に浮かびます…w01.gif

リョウは小さな小さな頃から追いかけっこが大好きでした。お友達と一緒に遊ぶ…という事が少なかったけども、追いかけっこだけはニコニコで時には大爆笑で…基本的に逃げる専門で…jumee☆escape2

リョウは先生たちから「マジメ」と良く言われます。
クラスで一番先生の話を聞いてくれる。小さい組さんと手を繋いでのお散歩では、とっても集中して歩くらしく、責任感が強くて園に戻ってきた時には大の字でグタ~~~っとなってるらしいです。

言語療法の先生にも、リョウくんはマジメだね~と良く言われました。
作業療法の先生からも、リョウくんは一生懸命だよね~っと言われました。

ホントに、マジメで一生懸命なリョウ。
これって、とても良い評価で喜ばしいのかもしれないけど…自閉傾向のある子供にとっては、しんどい思いをしてしまうよね。

追いかけっこも…
以前、公園で遊んでいると、ちょっとお兄ちゃんのお友達が出来て、楽しく追いかけっこして遊びだしたリョウ。お兄ちゃんに追いかけられてる時は上機嫌でイイのだけども、自分が追いかけるようになると、真剣そのもの…なかなか捕まえられないお兄ちゃんにイライラしてしまい、そのうち怒ってしまう…
相手のお兄ちゃんも、そろそろ飽きて来た頃…でも、リョウは遊びの終わりが感じ取れないと言うか…いつまでも一生懸命追いかけてるのよね。jumee☆Wait for Me2

他にも、何かイジワルな事をされても、一生懸命で…「そんなんだったら、もう止めた!!」なんて事が出来ない…

これって、マジメ…?汗
融通が利かないと言うか、うまくやり過ごせないと言うか…
周りも「ウザイ」と感じるかも?やし、本人は必死でしんどいよね。

アキラ先生が、小さい組さんとのお散歩の件で、リョウに力を抜いてもいいんだよ?という事を伝えて行かなくていいですか?と言ってくれました。
そうですよね…時には力を抜いたり、諦めたり…そんな事も身に付けば、少しは生きやすくなるよね。でも、まだ6歳のリョウに、力の抜き方は難しいかな?と思ったので、今は頑張るリョウをうんと褒めてあげてくださいと言いました。

力を抜いてもイイ時がある事。
諦めた方が良い時もある事。
頑張りすぎて疲れた時は休んでもイイ事。

いつか、マジメで一生懸命頑張るリョウに知ってもらいたいなぁ~wink02.gif


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:49  |  リョウのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2008'06.02 (Mon)

母の目くるめく妄想…

本日2つめの記事です…(実際は昼に書いてたんですが)
記事数も100を超えました。好き勝手に書き綴ってますけど…汗
すみません…


さて、子供の得意な分野を伸ばしてあげたい!と思うのは、親として当然だと思うんです。
リョウがこの先、壁にぶつかったり、周囲とコミュニケーションが上手く取れずに孤独感でいっぱいになったり…これは、障碍あるなし関係なく誰しも考えれる事かもしれませんね。でも、リョウの様に目の前の壁を他の人よりも上手く回避出来にくい子には、より強く思うことがあります。

リョウが生きてる意味を感じられる様な事を身につけてあげたい…
それは、得意な事への自信やったり、大好きな事へ没頭する時間やったり、自分を理解してくれる友人やったり…

まだ6歳になったばっかりのリョウなので、彼の可能性はまだまだ未知の世界!
それでも母は、リョウが得意な分野を伸ばしてあげたいなぁ~自信をつけて欲しいなぁ~と思っています。

リョウは鉄道が好きだし、最近は車の車種からメーカーが気になるらしい…
興味のある事には、とっても頭に入る…
でも、母が見る所、発達障碍に良く聞く、研ぎ澄まされた才能!!みたいなのはリョウには無いみたいで…凡人…ぷっ!

現代っ子なのか、メカに強いリョウ。教えても無いのに、ビデオデッキの操作やDVDデッキの操作をマスターしてるし、PCも、立ち上げから終了まで…自分でやった時にはビックリやった。もちろん、PCを使う事なんて過去数回だけやのに…母が使ってるのを見てるんやろなぁ~

最近、リョウが気に入ってるのは、マリオカート?ゲームセンターにあるレースのゲームが大好きみたいです。休日は父ちゃんとお出かけが日課やけど、マリオの腕は、父ちゃんを超えてるそうで…昨日、母も目撃したけどぉ…不思議な感じがしたなぁ~
全てが他の子よりも遅れてる訳じゃないんやけど、何か幼く感じてる母としては、大人顔負けに使いこなしてる姿と言うか、そういうのを見ると不思議な感覚。

やっぱり子供はゲームが好きやね。
お誕生日のプレゼントを考える時とかに、幼児向けの鉄道の運転シュミレーションゲーム?みたいなのや、Beena??やったり…機械的と言うか、ゲーム感覚のオモチャを何度も何度も考えたりしたけど、やっぱり与えられない。
ゲーム脳とか問題になってるし、何かの記事で発達障碍児は、ゲームなどに依存してしまったり、バーチャルな世界と現実が区別出来ない事がある…なんて目にしたり。ま、そんなの人によりけりやと思うねんけど、やっぱり、親から与えるより、子供から欲しい!欲しい!!とせがまれる様な歳になって、我慢して我慢させて!いいかな?と思えてからかなぁ~なんて漠然と考えています。
しかし、リョウはコンピュータとか、機械系が好きなんじゃないのかなぁ?まだ6歳なので、さっぱり分からんけど…

鉄道大好きなリョウ。少し前までは…ホームにリュック背負ってカメラを向ける『オタク』と呼ばれる人たちを見て、う…リョウもあんな感じになるのかな?ちょっと電車見せる頻度も減らそうかなぁ?なんて、かなり失礼な事を思ってたけど(すんません…)
最近はなんか、平和でいいよなぁ~なんて思う様になりました。同じ様な鉄道オタク仲間と盛り上がったりしてさ…

そりゃぁ、理想はスポーツマンで爽やかなモテモテ男になって欲しいけど…リョウは男前になるね~と言われたりするねんけどさぁ~(バカ親?汗)

スポーツ。団体競技は難しいかもしれないけど、私は柔道をしていたから、息子が生まれたら柔道させたい!と思ったりしたけど、リョウは平和主義と言うか、格闘技系はNGっぽいので、これまた母は趣味で毎日10キロ走ったりしてマラソン大会などに出たりしてたので、一緒に走れるといいなぁ~なんて思ったり。

やっぱり引き篭もり系の趣味は避けて欲しいなぁ~とか、勝手な考えもありありですけどぉ。

母として、目くるめく妄想は尽きませんが…
リョウが打ち込める何かを見つけられるといいなぁ~っと思っています。


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:26  |  母の想い  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2008'06.02 (Mon)

再び…『歯』

リョウは現在は随分と目立たなくなったけど、感覚過敏があります。
先日の保育園でのジャガイモ植えの時も「土をささやかにかけていました」と連絡帳に書いてありました。その姿が目に浮かびます…タeイロ
2歳になった頃に、お友達の畑でジャガイモ堀をしたときも、全く土に触ろうとせず…やっとこさ母が掘り出したジャガイモ1個を袋に入れてくれた…って感じやったもんね。あの当時は他の子は面白そうに土をいじって遊んでるのに、潔癖か?なんて思ってたけどね~jumee☆DaNcE2

あと、なぜか手の爪は平気やのに、足の爪切りがイヤみたい…「痛くない?そっとして…」と何度言ってます。何やらトラウマかなぁ?昔痛い思いさせたかなぁ?記憶ないねんけどぉ…汗

嫌な感覚だけじゃなく、好きな感覚もあるリョウ。
小さな小さな時から、眠る時に母がやりだしたのかなぁ?手のひらをナデナデする事。ナデナデと言うよりも…スローで掻くくらいの刺激。なので、今でも寝るときには「おててナデナデして」と言います。次男坊がオッパイ吸ってた頃は、添い乳しながら後ろ手にリョウの手をナデナデして腰折れそうやったなぁ~(遠い目)

他に、毛布。これは母と同じやね~(汗)毛布のフワフワが好きみたい。毛布の首に当たる部分?ちょっと折り返しててフワフワしたとこ…毛布が反対向いてたり横向いてると、フワフワ部分を探し捲くってますグッ

匂いもかぐなぁ…絵文字名を入力してください
これは止めて欲しいなぁ~この前は、園で貰った成長絵本に手形を押したみたいで、その自分の手形をクンクン…と匂ってるのを目撃したけど…止めて欲しいのはぁ、靴下脱いだら、その靴下を匂ったり…お尻を掻いた後に手を匂ったり…マジですか
ま、ま、ま…いつかコッソリ…匂ってくれるようになるよね…?


いやいや、今回書きたいネタ?は、匂いのことではなくて、リョウの歯!!


以前、乳歯の抜歯の記事を書いたけども、またまたリョウの下の前歯が2本!!グラグラしてて、本人はとぉ~~~~っても気になるご様子。
少し前に「かぁちゃん、取ってぇ」と言うので、再び母はビビリながら糸を巻き巻き…つんつんと引っ張ってみましたが、ちょいとまだ?かな?って感じやったので断念。
グラグラ乳歯の裏から永久歯が生えて来てるねんけどね~
前回も、裏から歯が生えてしまってて、歯並び…大丈夫か??と思ったけど、ネットで検索した内容通り、抜歯してから舌に押されて?前に出て来てキレイに整列しています♪アップロードファイル

で、本日、保育園へお迎えに行くと、お友達ママから「リョウくん歯抜けたらしいよ~」といち早く情報が!おぉ!自然に抜けたんやぁ~♪と母。
そして、教室へ向かうと、リョウが元気に出て来て歯が抜けた事を伝えてくれました。いつもの様にジャスチャー混じりに「こうやってねぇ~、えいっ!って抜けたのぉ~」と…アップロードファイル

ん??こうやって?えいって??

先生に聞いてみると、給食のチーズを食べてると、歯がグラグラになり…(きっと、勢いでほぼ取れかけたのかもね) で、リョウが自分でえいっ!と取ったそうです。
ま、恐怖心がないからかなぁ?母はビックリ!!
まぁ、男の子ならそんな事、良くあることなんやと思うけど…感覚過敏なリョウがねぇ~~

そして、家に帰ってからは、もう1本のグラグラ乳歯も気になる様で…
暇さえあればグリグリといじっています…(怖っ!)jumee☆stalker3


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

21:36  |  家での出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。