All archives    Admin

06月≪ 2008年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2008'07.22 (Tue)

教育委員会から就学相談員来園&面談

先日、保育園に教育委員会から就学相談員?さんが来園しました。
教育委員会からは、年配の男性と中年の女性の2人。そして、リョウが通う小学校の特別支援学級の担任のY先生も来園されていました。

支援学級のY先生とは、少し前に公開参観日に行った時に、わざわざ面談をして下さって、すでに面識ありなので、母も少しリラックス♪

過去、教育委員会から指導員さん?が来た時も、児童相談所から民生委員さんが来た時も、母と加配の先生の2人で面談…って感じだけども、今回は担任の先生も同席して下さいました。

3人と3人で向かい合い…面談開始…(汗)

まず最初に、相談員の方から「私たちは、就学に向けて何か決定するとか判断するとか、そういう事ではなく、あくまで就学に向けて一緒に話して行けたら…と、そこの所を…」みたいなくだりを話されました。

午前中に、リョウの様子を見ていただいた様で、夏祭りの飾りの作成や、プールを見学されたみたいで…
沢山、沢山、リョウの様子を話してくれました。

母…、ボイスレコーダーを用意して行ったのに…スイッチを押すタイミングを逃してしまい(汗)
内容がしっかりしてないけど、思い出した順に書いていきます。


まず、リョウは作成の時、先生の顔をじっと見て、良く話しを聞いているとのこと。これは、担任の先生からも、言われていました。クラスで1番聞いてくれてるかも?ってくらいです…と。
そして、お当番さんは、作成時に使用する材料をグループ全員の分取りに行き、配ると言う仕事があります。
当日は、リョウのお当番だったそうで、リョウは先生が「お当番さんは取りに来て下さい」の言葉にサッと反応して行動していたそうです。

そして、1人2枚づつ使用するシール。リョウのグループは全員で3人。
全部で何枚用意して良いのか分からなかった様で、まずは3枚を持ってきて、全員に配り…2枚づつだよ?と言われて、もう1度3枚分取りに行っていたそうです。

そして、作成時…ビニールで出来たシールを剥がしてペットボトルに貼る作業。
リョウは、なかなかシールが剥がせず。このシールを剥がすのは先生でも難しい感じのものだったそうです。
そのシールが剥がせないリョウは、何度か先生の顔を見て「やって~」と言いたげだったそうですが、なかなか声を掛けず。相談員の方達が見に来てるから、声を掛け辛い感じ。
随分経ってから、なんとか先生に手伝ってもらって、作業が出来たそうです。

女性の相談員さんは、リョウが相談員さん達を気にして、チラチラと見るのは何故かな?と言っていた。きっと、他の子供たちは目の前の課題に夢中に取り組んでいるんだろうなぁ~。でも、リョウは気になって仕方がない。
何故か?と言われても…リョウはいつもそうだから…(汗)

リョウがお友達のペットボトルを落としてしまって、お友達が拾い上げた時に、小さな声で「ごめんね」と言ったそうで、支援学級の先生は「ごめんね…が言えるなんてすばらしいです」と言ってくれました。
本人の気分にもよると思うけど…どうかな??見学されてる人が居るから…ってのも大きいかも?なんて母は苦笑い。

ホントに、リョウは誰かが見に来た時は、とってもお利巧さんやからなぁ~(滝汗)

他に、支援学級の先生から「匂いを良くかぎますか?」と聞かれました。
ペットボトルだから匂ったのかな?と思ったけども、剥がしたシールも匂ったり、近くに居た女の子の髪の毛も匂ったそうです…(おぉ…先生よく見てるね~っと母関心)

「小さな頃から匂うって事ではなかったけども、目立ってきたのは、ここ最近の事です。
まぁ、匂いに関しては、あまり言ってません。お尻掻いた手を匂ったりする時には注意しますが…
ただ、人との距離については、最近言うようにしています。私にでも急に顔を近づけて来る時には、『顔を近づけるとビックリするので止めてね』とか」

みたいな事を言いました。

すると、教育員会の指導員の方は「でも、相手の女の子は嫌がってる感じではありませんでしたけどね。」と言い…

「そうですね。相手が嫌がってなくても、このまま大きくなっても同じような距離感だと大変困ることなので、今から言っています。」と母。
うんうんと頷きながら、支援学級の先生も「そうですね。これは早いうちに対応していかないと、なかなか直らないですから…」と言われました。

何やら、経験ある相談員って方よりも、支援学級の先生の方が、障碍の特性を良く理解してると感じました。

他には、プールの時間。リズム体操の後、お遊戯室からプールまで早いもん順で並ぶのですが、リョウはちゃんと順番を守って並んでたとの事。これも「すばらしいですね」と言われました。
常にキチンと並べてるか?といえば、これまた波があるんじゃないか?なんて母は思うけども、まぁ、年少時に比べると、立派に並べるようになってると思います。

そして、相談員の女性から「リョウくんは、勝ちへのこだわりがありますか?」と聞かれました。
プールで最後に、ワニさん歩きや泳ぎで競争するのですが、母が先日プール時間を見学した時も、負けそうと感じた途端にダッシュで走ってゴールしてたリョウ(汗)
きっと、当日もそんな感じだったかな?そして「ボク、いっちばぁ~~ん!!」なんて言ってたのかな?

「勝ち負けについては、去年の年中時の運動会で、競う事、勝ち負けがある事を理解したリョウ。
追いかけっこで、なかなか捕まえられない時、怒って相手の子を叩いてしまったり…去年は、勝ち負けに関してのトラブルも多々…
母として、負けてしまっても仕方が無いと言う、気持ちのやり過ごしを身に付けて欲しいと思い、負けてしまった時には「あぁ~!負けちゃったぁ~!って言ってみよう!」とか「次は頑張ろうぜ!」と声をかけている」
みたいな事を言いました。でも、これって、リョウの様な子には難しい感情ですよね。ま、コツコツ聞かせて行くって感じでしょうか。

食事の時、必ず食べ終わったリョウは「ボク何番??1番?かぁちゃんは2番!カズトは3番ね!」なんて言います。これはスゴイ確立で言います。やっぱり、これも「こだわり」なんですね…

1時間ほどの面談。教育委員会の方は、園の先生達の対応について、絶賛されていました。
リョウの担任の先生は男の先生で、年中組から引き続き担任です。
そして、今年度から移動で園に来た加配の先生。
相談員の方は、「男の先生は、全員がそうとは言いませんが、大きな声で「こら、ダメだぞ~!」みたいな感じなのに、A先生はホントに子供たちを見守ると言いますか、止めさせると言う事をされないんですね」みたいな事を言っていました。

ホントに、A先生は穏やかな先生で、大きな声で怒ったりした所は見たことが無いです。
ま、母がいつも一緒に居る訳じゃないから知らないと言えば知らないけども、他の園の先生からもA先生は穏やかな先生だ…と聞いています。
そして、加配のK先生も、のんび~りと対応して下さっているそう…

リョウの様な子にとって、口やかましく日々何かを指摘されるのは、とっても辛いと思う。
なので、母は、穏やかな先生たちにとても感謝しているし、リョウにとってラッキーだったと思っています。

その面談の時間の中で、結構その先生絶賛話の時間ありました…(苦笑)

そして、最後に、リョウがチャイムの音に対して、とっても怖がって困っている事を支援学級の先生に言いました。
4時半になると、延長保育の子供たちが出てくるので、その他の園児は帰宅しないといけない。
リョウは4時半が近づくと、耳塞ぎをして「帰ろう!帰ろう!」と言い出し、帰れないとパニックになりそうな表情になる…

その件について、支援学級の先生が「音に対して何か苦手があるのか、それとも、4時半になると帰らなければならない…という、時間的な事なのか…どうでしょうか?」と言うような事を言われ。

あぁ!!時間的なもの??そう言えば、母が役員会で4時半に帰る事が出来ず、お友達に連れて帰ってもらうように頼んだ時に、A先生が聞いた「延長さんの時間になっちゃうよ!」のリョウの言葉。
もしかして??

そう思いました。いやぁ、やはりイロイロな人から意見を貰うと、視野が広がるなぁ~っと実感。


そして、支援学級の先生から、以前やった知能検査の件で、主治医からコメントを頂いて欲しいと言われました。
「コメント???」と母はクエスチョン!
「次回、受診の時に主治医に言えばいいんですか?コメントくださいと言われましたと言えば伝わりますか?」と母。
「はい。コメントが無ければ、無いで結構ですので…」と先生。

はぁ~…と、意味不明な感じで家に帰った母やけども、後になって、コメントって言うのは、リョウが知的障害もあるのか?ないのか?の判断をして下さいという事かなぁ?と思った。
リョウのテストのIQは79やったので、先生によっては知的障害と診断する人も居る?
リョウの主治医は、ボーダーラインと言ってたけど、そのコメントが要るって事かなぁ~と。

母、オブラートに包んだ物の言い方や、遠まわしな言い方は理解し辛いから、直球でお願いしたいねんけどなぁ~(汗)

他に、相談員さんから、加配の先生にリョウについて何か困る事などあるか?と聞かれ…
4月5月は、お互いに様子を伺いながら(加配が変わったので)だったけれども、最近はお互いに慣れてきて、リョウが給食中に立ち歩いたり…と、困る事があると…

4月5月は出来た事が、出来ない。本当は出来るはずなのに、やらない。
この部分で、母もとっても悩んでる部分でもある。
家庭では、そんなに反抗するとか、母のいう事を聞かないとか、困った事は無いけども…
(きっと、母がうるさくて怖いから…?ホントは良くないよなぁ)
でも、園では、ノビノビと、リョウ本来の姿で居てるのかも知れない。
出来るのに出来ない、ヤレルのにヤラナイ…ここの部分を、強く言い聞かせていいのか?
先生も、同じように悩んでいます。

A先生は、「リョウくんは、ココまで出来る力は持っていると思う。けれども、彼はココの部分(少し下の部分)を彷徨っているのではないかな?と思っています」と言っていた。

リョウが、自分自身で持っている力を十分に発揮させてあげるには、どうしたらいいのだろうか??

そんな、課題も残りつつ…
今回の面談は終了しました。(文章下手ですみません)

そして、再び11月に面談が開かれます。
その時には、もっと具体的な就学に向けて…の話になるもよう…
今回、特別支援学級の先生も来て下さいましたが、異例だったみたいで、去年は無かったとか。
先生自ら、同席してくださったのではないかな?と、とてもありがたく思っています♪

とっても、長くなったので、当日の状況のみ…書いてみました。
また、母の思う事については、違う記事で…



励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ



スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

23:11  |  就学に向けて  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2008'07.18 (Fri)

お友達との関わりの中で思う事…

昨日、保育園から帰ってきてから、リョウの保育園のお友達の3兄弟が家に遊びに来ました。
(実際は、私とお友達ママとの用事で…)
サプライズな訪問に、リョウも次男坊も興奮気味に出迎えていました。

子供たちは機嫌よく遊び出し、母たちも、用事を済ませて雑談…

そろそろ帰る時間…となると、子供たちは外に出て、またまた自転車やスクーターに乗って遊び出し、リョウと同級のお友達は、大きな水鉄砲に水を入れて遊び出しました。

母たちは、家の前で立ち話をしながら、子供たちが帰るモードになるのを待ってると…

水鉄砲で遊んでいた同級生のK君が泣いて怒っています。
どうやら、K君のお兄ちゃんと、水鉄砲の取り合いでケンカになったみたい。
Kくんは、「中の水が無くなってから交代」と言う事を泣いて怒りながらも言っていました。
時にはお兄ちゃんに水をかけたりして…

次の瞬間には、K君がリョウを叩きに来ました。
リョウは目が点…と言うか、スッゴイ驚きと不機嫌な表情。

すると、リョウは途端に…

「やめて!!叩いたらいけないでしょ!!!」

「もう!!!K君、絶対にゆるちてあげないからなぁ~~!!」←かなりたどたどしく…汗


K君はママに制止されながらも、怒って泣いて…

「う~ん、リョウも何かしてしまったのかなぁ~^^;K君、ごめんね~」と母が声を掛ける。

K君ママは「どうしたぁ~、リョウくんは何もしてないでしょ?叩かないよ~」と声を掛ける。

すると、Kくんが…

リョウが笑ったからだ…と言いました。

あぁ~。何やら兄弟ケンカの時に、リョウが見て笑ったんやなぁ~。
K君は、ケンカして泣いてる姿を見て笑われたのがイヤやったんやなぁ~。


母は、リョウに「リョウが笑ったのがK君はイヤだったんだって。笑ってごめんねって言おうよ」と言いました。

自分で言いながら、あぁ、リョウにはちょっと難しいよなぁ~っと思っていました。
どうして笑ったらイヤなのか…しっかりと細かく分かりやすく教えてあげないと分からないと思う。
笑うとイヤ?なんで!!!って思ってるはず。
でも、我が家での兄弟喧嘩の場合なら、「これこれ、こう言うと、こうなって、こう思うんだよ」と、ゆっくり説明してあげられるけど、この状況で、そこまで話せるはずもなかった。

母に言われて、リョウは「ボク笑ってないよっ!!!」と、やはりご立腹…(汗)


その後、K君の怒りは収まらず…もちろん、Kくんのお兄ちゃんにもね。
1人で走って帰ってしまいました…(近いと言えば近いけど…母なら心配してしまう距離)

その後、ママたちも車で家に向かい…
何やら、バタバタと…(汗)

(お兄ちゃんと歩いて帰る事になった末っ子がママ~~っと泣き出して、ママに電話して戻ってもらったり…)

(走って帰ったはずのK君が、またまた近所に戻ってきてて、それを見つけたママが車から降りて捕まえてたり…)



そして、我が家も家に戻って夕食の準備をしていると、
「ピ~ンポ~~ン」と、誰かが来たと、子供たちが教えてくれました。

母、少し前に、宅急便の不在通知の件で電話したので、
「えらい、早いなぁ~~」と、ハンコを持って玄関に出ると…誰も居ない。

へ??宅急便の車もないし…
チャイムの音は気のせい??いや、インターフォンのモニターが写ってたし…あれ?

と、辺りを見渡してると、我が家の駐車場の影からヒョッコリ顔が見えました。

K君です。

あれあれ??どうしたぁ~~~!!って感じ。
K君の表情も暗い…(汗)

「あらぁ~~~!K君、また遊びに来てくれたのぉ???」っと大げさに歓迎すると、

「うん…」と少し笑顔に。

「リョウくん、K君がまた遊びに来てくれたよぉ~~~」

「え~~~!!ホンマにぃ~~~???」と、リョウも嬉しそうに出迎えます。


子供たちって、ホンマに「どないやねん!!」って位に、切り替え早いよね。


そして、再び我が家で遊び出し、かくれんぼや、ウルトラマンのDVDを見て楽しく過ごしました。


そんな時間の途中に…うちの3歳半になる次男坊がK君に声をかけていました。

「Kくん、さっきはリョウくんが笑ってごめんね…」

スゴイなぁ…聞いてたんやなぁ。K君が笑われてイヤな思いしたのが分かるんやなぁ~。

こんな風に、色んな経験をして、人とのかかわりを育てて行くんやなぁ~。


K君も、少し思い出した風に表情は暗かったけど「いいよ~」と言っていた。


その後、母はフライパン振ってたので、よく聞こえなかったけど、3人で集まってヒソヒソと小声で話してる…

多分、リョウも謝ってたのではないかな?と思う。K君が小声で「いいよ~」って言ってたし…

リョウも、リョウなりに、人とのかかわりをしっかりと出来てると、この頃感じています。
母が見てると、ハラハラ…ドキドキな時もいっぱいあるけども、子供の世界では、それなりにやって行けてるのかもしれないと。
まだまだ小さな保育園児なので、リョウも頑張れてるし、周りも素直で無邪気やからいいけど、やっぱり、これからドンドン成長して行くと、心配は無限大やけどね^^;


そして、今回、この記事を書こうと思ったのは、K君の、リョウが笑ったのがイヤだったと言う言葉。

あぁ、言葉で伝えられるって事はスゴイ事やなぁ~っと、改めて実感しました。
もしも、逆の立場なら…
リョウが笑われてイヤだったから、一見、何の関係も無いお友達を叩きに行ったら…

「お友達は何もしてないでしょ??叩きません!」と叱ってしまってたと思うし。
勿論、理由がどうであれ、叩くのはいけない事やけども、笑われるとイヤな思いするよね…と、気持ちを汲んであげられると思う。

随分と言葉は伸びてるリョウやけども、やっぱり、リョウの生活を見てると、言葉の力の乏しさが、今のリョウの生き難さの原因を占めてるなぁ~っと感じる母なのでした。


でも、以前のリョウならは、即効で奇声を上げて叩き返してたと思うけども、言葉で「やめて!」と言える様になったリョウ。
母の心配などお構いなしに、リョウのペースで成長してくれてるのだと思います。
伸びてるのは頭では分かってるけども、やっぱり、心配事はいつまで経っても無限大ですね…


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

15:30  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'07.15 (Tue)

らしく無くてホッ…でも、らしくてもホッとする瞬間…

Image064.jpg

(縦の写真を横向けたので…何やら違和感のある写真ですが…)

これは、言語療法でも使っている五十音の積み木です。
キューブの6面のうち、5面に「あ・い・う・え・お」と書かれているので、同じ文字が沢山あって、イロイロな言葉を作ったり、しりとりにして遊んだりも出来ます♪

リョウが、久しぶりに積み木を出してきて「しりとり」をしよう♪と言います。
しりとりゲームをしてると、リョウの聞き取りの不得意さが良く分かります。

例えば…「らくだ」

リョウは、「らくら?ら?ら??」と何度も聞きます。
他の正解してる単語でも「りんご…り・ん…ん?ん??ん??」と、1つづつ言いながら探し出す音を何度も何度も聞きます(笑)それが、なんとも面白くて可愛くて笑えます。

その、らくら…とか、少し昔なら「しまうま=しまんま」なんて間違いやったり…
きっと、リョウの中で、聞き間違えてる音は沢山あるのでしょう。
こんな遊びをしながら、少しずつ覚えなおしてくれるといいなぁ~っと思っています。

っと言っても、グウタラな母は、そんなに遊んであげてないのですけどね…(反省)


さて、今日の本題なんですが…

上の写真は、朝、積み木で遊んでたリョウに「もうお片づけして下さい~」と言って、その後、保育園へ送って行き、家に戻ってきた母が見つけたものです。
ただの積み木なんですが…

几帳面で無いはずのB型?のリョウやけども、そこは自閉的要素を持ち合わせているリョウ。
小さな頃から、ビデオテープを片付けるのも、最後の1つがパタッと倒れると何度も何度も立て直してたり、かるたを片付ける時も、絵の向きを揃えて片付けるし、鉄道のイラスト入りのトランプを並べて遊ぶ時だって、数字やマークではなくて、イラストの向きをちゃんと見てるし…

もちろん、この積み木だって…

そんなリョウが片付けた積み木が!!
「あら!珍しいやん??」なんてパチリ♪と写した1枚です。
保育園に行く時間が迫ってるから、急いで片付けたのでしょう。
と言うことは、さほどこだわりはないねんなぁ~絶対にこうでないとダメ!!って言うこだわりはリョウには無い。きっと、多少はこだわりと言われる部分があるのかも知れないけども、それが崩されても結構平気なんやと思う。母、リョウのこだわりの強い部分は気付いてないから…

そんな、リョウらしくない一面を見て、少し、ほんの少しホッとする気持ちもあったりします。
ホントはこうしたい!けど、我慢する力。イライラするけど、その思いをやり過ごせる力やったり、融通が利く部分やったり…これから伸びて欲しい部分のひとつ。


そして、夜、子供たちが寝静まって、旦那さんが帰宅。
母は夜光虫なので、活動はだいたい深夜。
一通りテレビを見たりPCいじったりした後、やっとこさ家事仕事を始めます。

ちょいと散らかった部屋を片付けながら、母がパチリ♪と1枚。
旦那さんは、何してんの??って表情でしたが…


Image065.jpg



やっぱりリョウらしいなぁ~♪と、キレイに片付けられた積み木を見て、癒される母でした…


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

12:14  |  母の想い  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2008'07.11 (Fri)

聴覚過敏 チャイムの音が怖い…

以前、S君の家に行った時の記事でも書きましたが、リョウの耳塞ぎ…
昨日も、耳を塞いでいました。

で…その理由が分かりました。


昨日、園のお迎えが少し遅くなった母。
2階の教室から「かぁ~ちゃぁ~~ん♪」とリョウが母を呼ぶ声が聞こえ、元気に手を振っています。いつも、リョウを先に迎えに行き、次に次男坊を迎えに行く母やけども、昨日は次男坊が母を見つけて勝手にダッシュして来たので、教室まで軽く先生に挨拶をしに…

それから、リョウの教室へ向かうと、階段からリョウが降りてきて…

「早く帰ろう!」っと、母の手を引くリョウ。
「へ?かぁちゃん、先生に挨拶せなアカンやん」
「え~~、帰ろうよぉ~!!」

こんな風に勝手に階段を下りてきたのは初めて…

何じゃろか??何やらやらかしたのか??

お迎えの時に、先生とその日の出来事を話してるのがイヤなのかなぁ?と最近思い出していた母。結構、母の手を引いて「行こうよ!」と言う事が多いし。

去年は教室が下やったから、リョウは園庭でスクーターなどに乗って遊びながら、母と先生との話が終わるのを待ってたリョウ。
今は教室が2階やから…1人で園庭で遊ぶのはアカンやろうし…遊びたくて「早く!」と急かすのかなぁ?とも思ったけど…

先生との会話の内容について、「今日は大きな声がでちゃいまして…」と、リョウにとっては良くない出来事を母に伝えられるのがイヤなのかなぁ?とも思ってて…
ちょっと、先生とその事について相談しようと思ってた母。
やっぱり話の内容がリョウの耳にも入ってくるし…良くないかなぁ?と。

それが、今回は先生と会う事すら阻止しようとしてるのか??勝手に階段まで下りてきて…

母、先生の元に行き、少し話しを始めると、リョウはいつに無く必死になって母の手を引いて「早く帰ろうよ!!!」とウルサイ。
結局、先生とはゆっくり話せずに帰ることに。

階段を下りて靴を履き替え…

次男坊が、のんびりと座って靴を履いていると、リョウは耳を塞いでいました。

「ん?リョウどうしたん??なんで耳塞ぐの?ウルサイ?」


あ…もしかして…

「リョウ?チャイムの音がイヤなん??」

「うん…6時になっちゃうよ!早く行こうよ!」とリョウ。

以前はチャイムの音は無かったと思うねんけども、お迎えは4時から4時半までで、半を過ぎると延長保育さんが園庭で遊び出すので、チャイムを鳴らして他の園児は帰って頂戴!アピールなのかなぁ??

なので、4時半の、6に時計の針が来る「6時になっちゃうよ」とリョウが言う。
以前、ちょいと大きな音でチャイムが鳴った事があって、その時も耳を塞いで怖がってたリョウ。

そして、S君のお家へ行った日も、随分と時間が遅かったから、リョウはチャイムが怖くて耳を塞いでたみたい…さらにあの時、早く帰りたいリョウは、S君と早く園を出たいのに、なかなか帰ってくれなくて怒ってしまったのかな??


チャイムが怖いなんて…

小学校に行くようになった時、どうするのかなぁ??

昨日は、予告なしの避難訓練があり、園庭で遊んでる最中にベルが「ジリジリジリジリ~~~」と鳴ったらしく、リョウは驚いていたみたいやけども、加配の先生が側に居たので、一緒に避難したそうです。
「リョウくん大丈夫?」と聞くと、「うん!」と力強く返事していたそうやけど、本心は怖かったんやと思う。

そんな日で、母のお迎えが遅かったから、余計にチャイムが怖かったのかなぁ?


どちらにせよ、ちょいとゆっくりのお迎えが楽々やねんけど、リョウの為に今までみたいに4時にお迎えにせな…

そして、先生とのお話も、少し配慮した方がいいかなぁ??
4時より少し早くお迎えに行って、加配の先生だけ廊下に出てもらって話すって方がいいかなぁ??
今の状態だと、リョウにしたら、告げ口されてる…なんて風に受け取らないかなぁ??
別に、その日の出来事を責めたり怒ったりした事はないねんけどなぁ~

感覚過敏は、小さな頃から少しあって、手が汚れるのがイヤやったり、芝生を裸足で歩けなかったり、泥遊びが苦手やったり、服が濡れるとすぐ着替えたかったり…

そんな感覚過敏は、随分と克服して、今であまり感じないくらい。

でも、最近目立ってきた聴覚過敏…これも、克服できて来るのかなぁ?


先生との帰りのお話については、これからお迎えに行って先生に相談してみようと思います…




いつもポチや拍手をありがとうございます!

励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

15:35  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  編集  |  Top↑

2008'07.07 (Mon)

今、母が強く願う事は…

いつも、綴りたい事が沢山あって、PCに向かうのに、あたしの性格やね…
簡単に書けないから…あんな事も、こんな事も…と伝えたくなって、結構パワー使ってしまうから、なかなか更新出来ない…
分かりやすく言うと、あたしって…クドイんやと思う(汗)


さて、前回の記事でリョウは念願のSくんちのプラレールでご機嫌に遊んできた様です。
途中、Sくんが妹とケンカを始めてしまって、ドアを勢い良く閉めたりして大きな音が鳴ったようで…リョウがその時どうなったのかはママは言ってなかったけど、「リョウくん帰る?」と聞くと「帰らない~」と言ってたそうです…(汗) 耳塞いでたのかなぁ~?


6月に入ってから、園では少々荒れてるリョウ。
現在では、荒れてるって風でもないのかな?

加配のK先生が午後からお休みの時に、担任の先生からの連絡帳…

「リョウくんの気持ちが不安定なのは、ボクのせいかもしれませんね…
どうも、接し方が上手く行かず。大声を出したりしています…すみませんです。」との言葉…
たった3行の連絡帳…

おぉ~~ん…

先生どうしたぁ~~~~!!!
ファイトォ~~!!!
気合だぜぇ~~~!!

なんて気持ちになってしまう私。

先生だって、毎日他の園児とも向き合いながら、リョウの事もいっぱい考えてくれてるのよな。
どうしてだろう…どうしてあげるといいんだろう…
私と同じように謎だらけの難問に向き合ってくれているのよね…


先生方には、イロイロと対応を考えて頂いたり、ありがたく思っています。
リョウは不安定なんだ…と改めて何故だろう…?と考えてみましたが、誰かのせいだから…という事ではないので…
大きな声を出す事、何故なのかわかりませんが、わたしの思いは、もちろんリョウが穏やかな気持ちで過ごせる事ですが、私が先生にお願いしたい事は、後のフォローです。
K先生(加配)が言われるように、分かる限り、リョウの気持ちを代弁してもらい、リョウがいけない時は、どうして○○しないとダメなのか、○○してはダメなのか、理由を具体的に伝えて欲しい事と、でも○○は偉かったよ!と褒めて欲しい事です。
大きな声は、リョウの言葉の発達が伸びれば?コントロールする力が伸びれば?と期待したりもしますが、もっと違う所の事なのかもしれないし、さっぱり分かりません。
家庭でのリョウと園でのリョウの違いが私の想像するのではギャップがあるのかもしれません
わたしの思う所や考えが園のリョウにはマッチしない感じなのでしょうか…
長々と書いたわりに、言いたい事が伝わらないのでは…って感じですが…
リョウの事を想い、考えて頂いてる事、とても感謝しています。僕のせい…とか言わないで下さい!!(そんな深い意味はないと思いますが…)
後のフォローは、先生方でして頂いてると想うので、母として十分感謝しています。




相変わらず、何が言いたいのか分からん内容ですが…母が次の日に連絡帳に書いたことです。
残念な事に、全くその件に関しての返答は無かったんやけど…(汗)
ま…何もかも、目と目を合わせて話す事が正解では無いと思うし。
先生の思い、母の思いは、同じ所にあると思ってるし…



そんな数日後には、加配のK先生までもが…

「友達とのかかわりも増えて、必然的にトラブルも出て来てしまいます。
その度、対応しているのですが、リョウくんにとって、何か足りないんでしょうか。対応不足がリョウくんを不安定にしてしまっているかもしれません。すみません…」

とな…

ゲロゲローK先生までもが…

何で謝るのかなぁ?(涙)


か…K先生まで…謝らないでーー!!
考えても考えても、私も分からない事ばかりで…リョウの様な子は失敗を繰り返して成功する力を付ける事が出来ない…
自己評価が下がるだけなので、成功する経験を沢山させてあげよう!と言われる事が多いのですが…
そこそこ理解力も伸びてきて、自分対周囲の中で思う様に行かない事があるのかもしれませんね…?私、園での様子をあまり分かってないですが…
そんな中で、上手く行かない事が続いてイライラと怒りっぽくなるのかな?
昨日、A先生(担任)が、今までの様に、思わず出してしまう声ではなくて、故意に出している様な…と言われていたので、その部分なら、いつか自分で抑えられるようになるのかな?と思ったりします。
先生方には、お手間ばっかりですが、今までもそうでしたが、コツコツと撒いた種は、必ず花開く…と信じて先生方に助けてもらいながらの子育てなので…
これからも、宜しくお願いします。
リョウがもっと自分を話せると、私たちも対処できるのに…
何で?とか、どう思ってるのか?とか、何が言いたいのかな?とか、毎日毎日、クエスチョンです…



これまた、かなり遠慮しながら、先生に書きました…

そして、またまた先生からは、直接この件に関してはコメントはありません。


リョウは、いったいどんな感じで1日を過ごしてるのか??
何やらトラブルがあると、酷い時は、大声を出して、教室のドアをバンバン叩いて、唾をブ~~~!っとやって…逃亡して…

しばらくすると、落ち着いて戻ってくるらしい…

やれやれ…困ったもんです。


家庭では、落ち着いて過ごしているリョウ。
自分が大好きなDVDを見たり、カードを並べたり、トミカを並べたり…
弟とケンカもしょっちゅうやけども…

家の中では、リョウにとっては、比較的思う様に過ごす事が出来るし、外からの刺激も少ないから、穏やかに過ごせてるのかなぁ~ある意味、毎日ワンパターンやし。

リョウに「リョウはどうして大きな声出してしまうの?」と聞くと「お友達がウルサイから!」と言ったりする。リョウは、周りがうるさいと、その周りの声よりも大きな声で「うるさい~~」と言ったりして、逆に「リョウくんウルサイよ~~!」と怒られてしまうらしい…(汗)

リョウには、音の過敏さは多少はある。
避難訓練の放送とか嫌いやし、テレビも大きな音は嫌がる。でも、新大阪駅の騒がしいのは平気やし、お遊戯室での遊びの時間とか、結構回りがうるさくても平気やったり…

リョウの園でのウルサイと言う状況は、これがダメって事ではなくて、リョウの気分の影響が大きいみたいな…

母は、耳栓を先生に預けようと考えて、何度か先生に話した事もあったけど…
リョウも、その時は「持っていく~」と言うけど、耳栓を見せないと欲しいと言わないし…
先生も、耳栓は必要ないと考えてるみたいやし…
でも、耳栓つけて過ごしてみると、穏やかに過ごせた!!なんて事になったりして??
試してみるだけでもイイかも?とか思ったり、いや、必要ないかぁ~っと思ったり…

リョウの情緒の乱れが、言葉の未熟さだけが理由じゃないと思うケド…

でも、リョウがもう少し、自分の想いを言葉に出来れば、母にも先生にも気持ちが伝わるのに。

リョウと様々な事で話し合う時、特にリョウが怒られてる時の話し合いの時は、母の想いが伝わらない。
母の言葉に対して「そんな事言うと、お友達遊んでもらえないよ!」とか「○○ちゃんが泣いちゃうよ!」とか、関係ない事を言うし。
「今、その話は関係ないでしょ?」と言うと「関係ない、そんな事いったらダメでしょ!」とか…

結局、お互いにフラフラになって、何も結果を得れず終了となる…


母でもフラフラするのに、先生だって、毎日毎日向き合ってくれてるから、大変やと想う。

園でのリョウは、先生達にお任せするしかないので、歯がゆさもあるけど、その時間は母にとってもリョウにとっても大切な時間やったりします。


リョウが、もっと思いを言葉に出来れば…
リョウがどんな風に受け止めてるのか分からない母は不安に想うし
リョウがどれ程、我慢しているのか分からない母は切ないし
リョウの言葉を聞いて、リョウの想いを受け止めてあげたいのに…

リョウの発達障碍である部分より何より、リョウが自分の想いやったり、怒りやったりを、もっともっと上手に伝えられるようになって欲しいと母は毎日毎日願うのです。

3年前は、リョウと話したい。会話したい…と切望したけど…
そんな願いをリョウは叶えてくれたけど、母の切ない思いはまだまだなくなりません。


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:44  |  母の想い  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2008'07.01 (Tue)

念願の?S君ちへ行っています…

前回の記事のつづき…

あの記事を書いてから、保育園へ迎えに行くと、やはりリョウは「S君のお家行きたぁ~い!」と母に言ってきました。

げっ…やっぱり覚えてるよね。

母は何とか「S君のママに聞いてみないと約束できないよ」とか
「じゃぁ、かぁちゃんがS君のママに聞いてあげるね。いつなら遊びに行っていいか。」

すると、「S君のママいなかったら?」なんて立派に疑問を投げかけるリョウ。

「へ??ママ居なかったら?また今度かぁちゃん聞いてあげるやん」

なんて言いながら、帰宅…



そして今朝は、1度もS君の名前が出てこなかった。


今日のお迎えの時にもS君の名前が出てこず!

おぉ!!もう諦めたのかなぁ??なんて思ってた母やけどぉ。
次男坊のお迎えに年少クラスへ行くと、S君のママ発見!!
S君の妹とうちの次男坊は同じクラスやからね~

リョウはS君のママの元へ行き「ねぇ~S君のお家に行ってもいい?」

ぬお~~~!!言ったぁ~!!(そんな大げさな事やないけど…)

ママはOKと言ってくれたけども、母としてはちょっとぉ…微妙。
なぜなら、この時リョウの様子が少し宜しくなかったから。
大きな音や声がしてるわけじゃないのに、ずっと耳を手で塞いでるし。

案の定、S君のママがS君を迎えに行って、S君も揃って帰ろうとした時に、リョウは何やら興奮して怒り出した。
母同士で話てたから、なぜリョウが怒ってるのか分からない。
S君のママはS君に「大きな声出したんでしょぉ!」と言ってたけど、リョウが耳を塞いでるのは随分前からやし…(滝汗)

「もう!!S君知らない!!!」みたいな事を言いながら怒ってるリョウ…
普段から仲良しな2人ではないと思うし、タイプがぜんぜん違う2人やから、母は心配。

「ほな、今日は辞めておこうか!な?ママに今日は辞めときます。ゴメンね言おうな」と母が言うけども、リョウは「いや!行くの!!」と切れて言う…

え~~~!そんなテンションで行くのぉ??大丈夫なんかなぁ??

そして、なんとかS君と一緒に歩き出したリョウやけど…
次男坊も一緒に行った…
(カズはカズでお漏らしが心配やしぃ~昨日は3回も漏らした…)

S君ママは学童に行ってるお姉ちゃんを6時に迎えに行くから、ついでに我が家まで届けてくれるそうな…
母は、かなり落ち着かないなぁ~
普段のテンションやったらエエのやけど、何やら機嫌悪かったしぃ…
ケンカしたり大きな声出して怒ってなきゃいいけどなぁ~~(汗)

夕飯の準備すればいいねんけど、何やら手に付かず…
PCカタカタしてしまう母なのでした…


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

17:14  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。