All archives    Admin

08月≪ 2008年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2008'09.25 (Thu)

大きな課題がいっぱい!

リョウは現在は運動会の練習の日々…

やはり、多少、荒れてる様です(汗)

年少、年中はかけっこだった競技も、年長になるとリレーになります。

走る事が大好きなリョウは、上機嫌で走りまくっているそうです。

でも、リズムは、年長さんは恒例の組み体操風味になってるので、今までの様に体系移動など、アバウトではなくて、1人1人の場所が決まってたりします。

「リョウくんはココじゃないよ」なんてお友達から指摘されると、「知らない!僕帰る!」なんて捨て台詞と共に、参加拒否!なんて事がしばしば…

皆が練習している横で遊びながらも、気になる様で、「もっとピッ!っとして!」とか先生が指示してるような事を脇から口を出しているそうな…(滝汗)

まぁ、皆と同じ様にする事だけが正解ではないと考える母としては、練習に力を入れるよりも、練習後も穏やかに過ごせる方を優先して欲しいので、多少、輪から離れても、本人の爆弾に点火しない程度で過ごしてもらう方が、リョウにとっても良いかなぁ~っと感じています。

去年の運動会で、勝ち負けのルールが理解出来たリョウは、1番へのこだわりが強くなり、トラブルも沢山ありました。

それでも、最近では、負けてしまっても、やり過ごす事が出来てた。
(鬼ごっこ等でも、怒らずに遊べるように…)

でもでも、運動会の練習が始まると、毎日毎日、競う事ばかり…

あっという間に、またまた1番へのこだわりが出てしまいました。

去年に引き続き、「1番じゃなくてもいいねんで~最後まで一生懸命頑張る事が○なんやから」と…

何度も何度も、伝えています。

調子の良い時は「ボク、負けちゃった~よぉ~し!次はがんばるぞ~!」

なんて言えるのに…

様々なストレスからか?調子が悪い時には、ちょっとした事で怒ってしまったり、お友達を叩いてしまったり…

なかなか切り替えられずに、イライラモードで過ごすことも有るようです。

しっかりと、消化出来て切り替えられた時は、小さな事でつまずいたりしないねんけどなぁ~


さてさて、そんな感じで、毎日毎日、何やらトラぶってるリョウですが…


昨日の夕食時、お風呂に入った後、寝る時間までの間、2階の部屋にあるトミカのオモチャで遊びたいリョウ。

父ちゃんに向かって、

むっ 「9時まで2階のトミカで遊ぶからな!いいなっ!」と、指差しながら言った。

え~~~~~!!!!何、その言い方ぁ~~~~!!って感じ!


困り顔 「リョウくん、そんな怒った言い方したら、父ちゃん悲しむで??」

こらー 「聞いて、『リョウくん!9時になったら寝る時間やからなっ!!いいな!』って言うのとぉ…」

笑顔 『リョウくん、9時になったら寝る時間やから、一緒に寝ようなぁ~♪』

にこ 「どっちの方がいい??」


え~っ? 「どっちもイヤ…」

むぅ… 「え…なんで…優しく言う方が嬉しいやろ?」


そして、次男坊が「ボクにもやって~~!!」というので、同じように言ってあげると…

「ボク、優しい気持ちの方がイイ!!」とな… アップロードファイル

「気持ち」って事まで知ってるのか…3歳児になるとそんな事まで…教えてもないのに…

リョウは母にとっては1人目の子供なので、逆に、次男坊の成長っぷりには初めて言葉を話し出した10ヶ月の頃(次男坊は特に早かったから)から、驚きの連続です…びっくり


きらりん 「せやなぁ~、優しく言う方が、うれしいよね~」

と…イロイロなパターンで怒りん坊口調&優しい口調を子芝居風味で聞かせてみる父と母…


リョウは、口調がどちらもイヤだったのではなくて、9時になったら寝ると言う内容がイヤやったのかなぁ?なんて疑惑浮上!!いや、そこんとこは理解出来てるんじゃないか?と思い直したり…

いかがなもんかなぁ??

園でも、自分の事は棚に上げて、キツイ口調で注意をしたりしている様子なので、ちょいとソーシャル・スキル・トレーニングをしてくれる心理士さんとか居ないかなぁ~

母の独断で教えて良いものなのか…??

言葉だけじゃなくて、イラストなんかで伝える方が、より伝わるのではないか?などなど…

年少さんの頃は言葉の遅れが目だって、コミュニケーションもまだまだ過ぎて見えて来なかったけど…


現在の大きな大きな課題

・規則やモラルにこだわる
・対応を柔軟にする自己コントロールが弱い
・体験や感情を言語化することが難しい
・感情のコントロールが難しい
・周囲の人の言動に過敏である



箇条書きにすると、こんな感じですが…

実際の生活の中では、この課題が沢山の部分でネックになって、トラブルが起こります…

成長と共に、本人も学んで伸びてくれる部分も多少はあるかと思うけど…

やはり、コツコツと、様々な経験の中で、本人に伝えて行く事が大切なのかもしれませんね。


ただ…、母が、とても客観的に落ち着いて向き合い、丁寧に伝えても、

ガビーン 「いいの!!かぁちゃんイジワル!!絶対に許してあげないからなっ!!!」

なんて暴言が飛んでくる…

本人が静かに聞いてくれてるバージョンでは、それはそれで、母の言いたい事が伝わらないのか…

全く聞き入れてもらえなかったり…


それでも、コツコツコツコツコツコツコツコツ…

焦らず、前向きに、伝え続ける事…でしょうか…ガッカリ2


日々、ハラハラドキドキ…

母からみれば、相当、ダイナミックなテンションでお友達との関わりを繰り広げてるリョウ…

今は、周りも幼くて、そんなリョウとでも仲良く遊んでくれているけど…

数年先…そんな訳にも行かないよな。

大きな壁にぶち当たる日が来るんやろなぁ~~(遠い目)



励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

10:48  |  リョウのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'09.22 (Mon)

ニキ リンコさんの講演会へ…

先日、ニキ リンコさんの講演会へと行って来ました。
殆どの方がご存知かと思いますが、翻訳家であり、アスペルガー症候群の当事者としてご自身も沢山の本を出されています。

今まで足を運んだ講演会は、小児発達障碍の専門医や、保健士…

今回、初めて当事者の講演会でした。


お名前は良く目にしていた。私の中で、勝手にイメージをしていて…

背がすらりと高くて、黒髪のロング。とっても清楚な雰囲気で優しい口調…

いやいや、勝手にそんな風に想像していた私。


実際に、舞台の上に登場したリンコさんは、想像とは全く別人でした。

小柄でふか深くキャスケットをかぶり、大きな真っ黒なサングラスをしていて、真っ黒な洋服は、足首から手首までしっかりと隠れて…

しゃべり口調も、清楚で優しい口調…とは違って、一緒に居酒屋でお酒飲みながらガハハ!!と話したら、きっと楽しい人だろう~って感じの方でした…(勝手なイメージですが)


壇上に立つや否や、舞台したから撮影するカメラマンを指差し「あぁ~~!!カメラマンさんだぁ~~!!」と大きな声ではしゃいだ様に言うリンコさん…

私、ビックリしました。会場はかなり静粛な状態やったし…

リンコさんが言うには、写真を撮らせて欲しいとの依頼があったが、いつ撮られるのか分からないと、気になってしまって、上手く話せないので、講演の最初に撮ってしまって下さいとお願いしたそうです。

自閉症者への、事前に予告する事は良く言われているけども、これもタイミングが大切で、あまり早いと、サプライズではなく、サスペンスになってしまう事もある…と言われてた。

あぁ~~、分かる…と母実感。

リョウの家庭訪問の日…給食終わりで帰ってきたリョウに「今日は先生が来るからね」なんて予告したらば…
先生が訪問予定の3時半まで、「まだ??今どこいる?車?乗ってる?」と、まるで呪文の様に、何度も何度も聞いてくる…(汗)
母…軽くノイローゼになるぜ…とウンザリした経験はこの件だけではありません。
リョウ本人も、気になって気になって、待ち遠しくて仕方が無い…
ちょっと、カメラマンさんの件とはニュアンスが違うかも?やけども、あまり早い予告も考えもの…


そして、今回の講演は「情報過多と情報不足」という事でした。


アスペルガー症候群の世界観…
100人居れば、100の世界観があると思うけども、リンコさんの世界。

とっても、吸い込まれてしまいました。

リョウのこと…理解したい!周りにも理解して欲しい!!と思ってた。
リョウの一番近くに居てる母が一番理解出来てる方とちゃうかなぁ?なんて思ってたけど…

根本的に違う世界なのかもしれない…と感じた。
リンコさんも言っていたけども、健常者も発達障害者も、重なる部分は沢山あるのだけども…
根本的に違う…上手く表現できないけども、持ち合わせているアイテムが違うと言うか、私が見たことも無い聞いた事もないアイテムを使って生きている様な…

とても、素晴らし講演会でした。

皆さんにも聞いて欲しい!と思います。

ちゃんと内容をまとめて、後日UPし直そうかなぁ~っと思います…


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ






テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

10:57  |  講演会など…  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2008'09.19 (Fri)

転院する事に…

とっても久しぶりにPCに向かっている気がします…

この数ヶ月、イロイロな事がありました。

リョウが半年に1度ペースで診てもらっている「県立こども病院」

思うところが沢山あって、家からは遠くなってしまうけども別の病院へ転院する事にした。

こども病院は、家の窓から見えるくらいに近い場所にあるけれども、主治医の受診は、まるでカルテの更新?って感じで、近況報告。何か困り感があっても、具体的なアドバイスなどが無く…

リョウは現在、言語療法に月1回通ってるけども、これまた別の病院で、3歳になった時から通い続けています。

こども病院の作業療法も未満児クラスまでは通ったけども、年少になってからは通ってない。
恐らく、作業療法は現在では必要ないと思うし…。
ま、そうやから現在は通ってない訳やけど…

母として、病院へ望む事は、リョウの成長と共に訪れるであろう壁に、どう向き合えば良いのか。
どのようなサポートがあるのか…その中からリョウに有効なサポートを探し出したい。

カルテの更新なんかじゃなくて、寄り添って支援してくれるドクターが欲しい。
リョウの様な、癇癪を起こしやすいタイプには、成長と共に難しくなる事が沢山あるのではないかなぁ?と思う。

親の私では聞き入れてくれない事が増えるかもしれないし…

本人へもそうやけども、親へのサポートも必要と感じています。


新しく転院する病院の主治医は、こども病院の主治医の奥様…なんですが…(汗)

1回目の受診は、私が病院側に転院について相談しようと思って、飛び込みで受診した。
発達外来と言うのがあって、発達障碍について力を入れている病院だとは知ってたし、知り合いもコチラの病院受診していて、いいよ~っと聞いていたので…

奥さん先生には、ご主人先生の知的な雰囲気が緊張してしまうので…なんて言った私。

とっても申し訳なさそうに謝ってた先生…こちらこそ、すみません…だわ。

そして、2回目の受診の予約をして、紹介状を貰ってくる事になった訳やけど…

その後、ちゃんと、こども病院の受診をしました。

小学校の支援学級の先生から、リョウの知能検査の件で、主治医からのコメントが欲しいと言われてたし…

いつもの様に、カチンコチンに緊張して母1人で受診。

いつも、淡々とした会話の中、あっという間に終了してしまうのに…

今回に限って、先生の対応も良くって…(ま、相変わらず困り感を聞くだけ聞いてアドバイス無しやったけど)

小学校については、支援学級に在籍しながら、出来る部分は普通学級でさせたいという考えを伝えると、その方向でいいんじゃないですか?との事やった。

もし、私が普通学級で…と言っていたら??
また就学前に受診して、イロイロと相談?があったのかもしれないけども、支援学級に在籍との事なので、問題なし!!って感じなのかな??次回の受診は、小学校に上がってからの5月くらいで…と言われてしまい…(汗)

そんな話の後に「転院したいので、紹介状を書いて下さい」とは言い辛くなってしまった私…

新しい病院が近いとかなら分かるけど、転院の意味は何やねん?って状態やし。

そんな根性無しの私は、結局、紹介状の事は言えずに帰ってきてしまいました。


そして、先日、2回目の転院先の病院の受診となった訳です…

とても優しい口調で、診察も、最初はリョウとしっかり向き合ってお話し。
そして、じゃんけんゲームをして、タイマーを10分に合わせさせて、鳴るまでおもちゃが有る隣の部屋で遊ばせてくれる…

こども病院では、リョウには何も話すことなく、リョウが居る側で様々な話しをしなければならず。
随分と理解が伸びてきたリョウ。ちょっと配慮して欲しいと感じてた事。

そして、保育園の加配の先生へも、的確なアドバイスをしてくれる…

(数日前に園の先生に懇談をお願いして、母が伝えた事と同じような事を言ってくれました…
親から言うのと、主治医から言うのでは響き方が違うかな?と感じた。
親が言っても、心配症と思われたり、過干渉だとスルーされてる??と思ったりして…)


やっぱりリョウと加配の先生と3人で受診してみて、コチラの病院の方が、私も話しやすいし、アドバイスも仰げそうやし…

紹介状がもらえて無いことについては、奥様先生は苦笑いでしたけど…


きっと、また私が行っても言えずに帰ってきそうなので、次回は旦那さんに行って貰う事にしようと思います…


新しい病院では、次回は発達検査をするとの事でした。

また??って感じですけども、リョウも成長しているし、前回の知能検査とは別の物らしいので、またまた頑張ってもらおうと思います♪


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

11:10  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。