All archives    Admin

10月≪ 2008年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2008'11.30 (Sun)

拍手&コメントありがとうございます!

このブログを始めて、1年近くになります…(放置プレイさながらブログですが…汗)

私自身、ブログのシステムを良く分かってない部分もあって…すみません 
拍手ボタンからコメントを頂いてたりしてたのですね 
お返事もせずにごめんなさい。
そして、「公開せず」でコメント頂いた場合は、お返事が出来ない様なので、この場にて…

来年度の就学…教育委員会との相談はいかがでしたか??
我が家の場合は、すんなり…と?とんとん拍子に?終了となりました。こちら側が支援クラスで…と言えば、学校サイドはホッとするのかな?良かったぁ~と思うのかな?
職員の確保の問題や、学級担任への負担の大きさ…などなど学校側、教育委員会側の立場でイロイロな事があるのかもしれませんね…

でもでも、大切なのは、我が子にとってどのような支援が必要なのか、どのような環境が笑顔で小学校へ通い続ける事が出来るのか…ですよね。

非公開コメントさまも、春の入学式には笑顔で送り出せるように、頑張って下さいね♪
普通学級であっても、支援学級であっても、こればっかりは教員の力量が大きいと思うので、どっちが良い悪いではないだけに、迷いは尽きませんよね。
支援学級の先生であっても、なかなか親の思うような支援をしてもらえない場合だってあるし、普通学級でも、上手く接してくれたり理解してくれたりする先生に出会う事もあるし…

フタを空けるまで分からない世界ですが…お互い情報交換できれば嬉しいと思います♪
是非是非、また、コメントの方に非公開コメントでもOKですので、近況をお知らせいただけると嬉しいです♪
コメントは、携帯サイトから見ると記事一覧のページだと、「コメント0」とか書いてる所をクリック!
記事の内容からだと、一番最後の方に「コメントを書く」と言う所をクリックで書けます

ぽちっ♪って言うのは、ランキングに参加していまして…クリックして頂けるとポイントが入る仕組みになっているんです
携帯電話からでは、ポイントにならなかった様な…汗



PCからのアクセスは把握出来るのですが、携帯からアクセスして下さってる方も♪
ブログを書くことで、自分自身の気持ちの整理やったり、リョウを客観的に見れたり…そしてリョウの成長が垣間見れたり…そんなブログですが、少しでも誰かの参考になれば…とっても嬉しく思います♪

ありがとうございました

励みになります!ぽちっ♪とクリックをお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

スポンサーサイト
17:28  |  つぶやき  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'11.29 (Sat)

いつもの場所

発達障害にはイロイロな特性があって、こだわりが強い子だったり、感覚がとっても過敏だったり、パニックになりやすい子だったり…沢山の専門書が出版されているけども、そんな1冊に納まる様な事ではなくて、その子その子がそれぞれ。

リョウは、こだわり・感覚過敏・パニックなどは、あまり目立ちません。
前回の発達検査の結果や主治医からのコメントでも、目立たないと言われています。
目立たないだけで、それなりにリョウなりの特性はしっかりと持ってるんですけどね。

リョウにとっての1番の課題は、情緒面です。これが大きな大きな大きな課題なんですよね。
すぐに怒ってしまいます。家の中では比較的機嫌よく遊んでいますが、園では、様々なストレスや刺激、そしてお友達とのコミュニケーションなどなど…リョウにとっては思い通りにならない事に沢山遭遇するのです。

発達障碍児ならではの、曲がった事が嫌いでマジメ体質!
人の行動がとっても気になる。その反面、自分が回りから指摘されると即効で逆切れしてしまう…
1日の園生活の中でも、リョウはリョウなりに何かイメージを作っているのかもしれない。
これが実行されないとか、妨げられるとイライラしてくる…ここが見えないこだわりなのかもしれないし。

他にも、年長児だけでのお散歩の時よりも、小さい組さんと手を繋いでのお散歩の後の方がトラブルが多くなります。マジメなリョウは、小さい組さんをしっかりと誘導してあげないと!!と強い責任感から、園に帰ってきた時には疲れてしまうのでしょう。グッタリ…そしてイライラ…些細な事で怒ってしまったりしてしまう。(ホントに教室で寝転んでしまうくらいにグッタリしているそうです…苦笑)

もちろん、リレーごっこがしたいけども、誰も一緒に遊んでくれない時…
戦いごっこで段々と本気モードになった時…
こんな風に平凡なトラブルも沢山ありますが、リョウの場合は他の子よりもトラブルの原因が少しニュアンスが違ったりします…
とっても些細な事なのに…?とか、いままでは平気だったのに…?とか、原因すら分からなかったり。

私が思うのは、子供たちは、まだまだこんなに小さいのに、何かトラブルやストレスがあると自分自身で消化しているんだと思います。
思い通りにならない歯がゆさを切り替えて次へ目を向ける…とか
相手の気持ちをある程度受け入れる…とか
諦める・我慢する・知らない!と無視する…などなど。

そんな風に自然に切り替えているんじゃないかな?
大人みたいには出来なくても、子どもなりにグダグダ言いながらもね。

でも、リョウは、気持ちを切り替えたり、ストレスを消化したりする力が乏しい。
なので、1つ1つのストレスやトラブルや、自分の中で上手く行かない、思い通りにならない事がドンドン溜まっていく。
すると、イライラ虫が出て来て些細な出来事にも爆発してしまう。

年少の頃は奇声を上げてパニック。
年中の頃は、物を投げたり叩いたり奇声を上げたり逃亡したり…

年長になった今は、先生と母との中で「小爆発・中爆発・大爆発」に分かれていますが、大爆発は1度あったか?くらいです。小爆発は、結構な頻度でありますが…(汗)

それでも、人に当たることが殆どなくなりつつあり、物に当たっているようです。
教室のドアのガラスを蹴るとか、靴を投げるとか…
昨日は、うがいするコップを投げたけども、自分の足に当たってしまったとか…^^;

そして、教室を出て行きます。

小爆発の時は、廊下に少し出ただけで気持ちが納まって帰ってくる事もありますが、大体は1階にある図書コーナーでお気に入りの絵本を読むのが定番です。
リョウの教室は2階で、職員専用の少し螺旋状の階段の真下に図書コーナーがあります。
リョウは園児は降りてはイケナイその階段を怒りながら下りていくそうです。
先生が階段の上の吹き抜けから図書コーナーを覗くと、リョウは隠れる様に隅っこに座って絵本を見てるそうで、その後、加配の先生が一緒にお話をしてくれたりします。


昨日は、大好きな加配の先生がお休みだったそうで、代わりの先生でした。
先生が休みだったからか?リョウは給食の途中で立ち歩いて、お片づけしてないのにお友達と遊び出していたそうです。
「お片づけしてから遊ぼうね」と言われ、「いいじゃぁ~~ん」なんて言って逆らってたとか…^^;
最終的には、お片づけも雑巾掛けも(今日は教室だったのに、1人で廊下を…汗)やり遂げたそうですが、いつもの場所へ出かけて行ったそうです。

図書コーナーへ行っても、自分で気持ちが落ち着いたら教室へ戻って来るらしく、久しぶりに担任の先生と帰りにお話を聞きました。
加配の先生とは毎日話しをして帰りますが、担任の先生とはあまり話す機会がないので…
年中でも担任だったので、年中の頃に比べると、自分自身で気持ちを落ち着かすようにしている様だと言われました。

母が年長になったばかりの頃に「カームダウンエリア」について先生に手紙を書いたけども(記事はコチラ)、リョウ自身でカームダウン出来る方法を実行しているな…と感じました。
基本的にマジメな性格。教室を抜け出す=サボる…ではない。リョウの様な子は、本当は正しい事から逸れたくない。

自己肯定感が低いと言われるけども、リョウもそんな部分があります。

教室を出て気持ちを落ち着けて戻って来てくれる…
これでOKでは無いと思っています。

リョウが落ち着く事で周りの人間はそれでOKでも、リョウにとってはそれだけではダメ。

気持ちを落ち着けられた後に、トラブルになった出来事を一つ一つ分かりやすく伝えてもらう事。リョウの気持ちを代弁して気持ちを受け止めてあげ、その上で相手の気持ちや、その時の行動や言動の理由なども伝えてあげないと。

これはとっても大切な事で、リョウの心の中で、どういう風に受け止めているのか分からないから。
とっても屈折した誤解のまま我慢していたり、消化出来てない、理解出来ていないでは、トラブルは繰り返されるからです。
リョウには、丁寧な対応で学ぶ…社会性のスキルを学ばなければ、大人になってからもハードルが高いままになるんじゃないか…と思うのです。

そして、教室を出て気持ちを落ち着かせる事は、リョウにとって悪い事ではない!と言う事も伝えていかないと…と思います。
教室を出てしまう事自体は良くない事だけども、リョウにとっては有効な事。気持ちを落ち着かせる大切な手段なのだから。
「どうしてボクは上手く出来ないんだろう…また教室を飛び出してしまった…」なんて落ち込まないで欲しいから。成長と共に、少しずつ違う形で気持ちを落ち着かせる有効な方法が見つけられると思う。

リョウはリョウなりに考えてか、自然にか?分からないけども、集団生活に適応出来る様に頑張ってる&成長しているなぁ~と感じています。

先生には、爆発の後のフォローと、教室に戻った時には笑顔で迎えて欲しい事を伝えたいと思います。きっと、既に実行して頂けてる事だと思うけどね…
小学校に入っても、引き続きお願い項目の1つですね…メモメモ~~

励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

17:27  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'11.15 (Sat)

インフルエンザの予防接種へ

インフルエンザの季節がやって来ました…
リョウの溶連菌の症状もなくなり、小児科のドクターにも接種OKと言われたので、本日近くの内科医へ予防接種を受けに行って来ました。

去年、リョウはそんなに拒否する事もなかったので、大丈夫だとは思っていたけども、一応病院へ向かう前に、「今日はチックンするよ」と伝えてあげた方がいいかなぁ~っと思い、伝えました。

「父ちゃん~病院連れてって~僕チックン平気!!」と逞しいリョウ。

しかし…問題は次男坊。
次男坊の事を考えると、リョウにも内緒でギリギリに報告したかった。
予想通り、注射をすると分かった瞬間から完全拒否!「ボク、チックンしない!!」大号泣で大変でした。
車の中からも出てこなくて、旦那さんが引っ張り出そうとしても無理でした。
結局、「バイキンマンにやられないように、注射して守るねんで!」と説得して、諦めました。

リョウは、強がってるのか?「ボクは泣かないよぉ~」とか、「チックンしてもね、こうするよ~」っと、ヘッチャラ~の表情をしてみる。

病院の待合室では、結構待ち時間があって、お約束の「まだ?」コール連発のリョウ。
「まだ?」と言った10秒後には「まだ?」と聞いてくる勢い。
先日のニキ・リンコさんの講演会で言っていた「見通しを立てるために事前に予告しておく事は大切な事だが、時には予告がサスペンスになってしまう…」と言う事を思い出す。
リョウにとっては、まだか?まだか?いつだ?と、落ち着かない心境でしょう。

それに比べ、次男坊は「ほら、呼ばれないからお家帰ろうよぉ~」なんて言ってる…

今回は、旦那さんとリョウと次男坊の3人が接種。
最初っから、「ボクが1番にするね。カズ見ててね~」と言っていたので、リョウ・カズ・旦那の順番で受けることになりました。

中待合に呼ばれると、先に受診中の女の子が注射に大号泣!
「大丈夫大丈夫!!すぐ終わるよ~~~ほぉ~ら、終わったぁ~~」とか、大人たちの声が飛び交うのが聞こえてきて、子供たちは固まる…(笑)

それでも、リョウは自分から1番に先生の前にイスに座り、「ボク痛くないよぉ!」と真顔で言っている。
溶連菌の喉の中はキレイに治ってるみたいで良かった♪先生の「お口あぁ~~んして、あぁ~~~~って言えるかな?あぁ~~~は?」の問いかけに、またまた無視でした…^^;

そして、いよいよ注射!!
リョウは「ちょっと…危ないから気をつけてね…」と小さな声で言ってて笑えた。

リョウが言うように、母に抱っこされる事もなく、1人でがんばれました!
やはり、少し痛かった様で、顔が引きつってたけど「カズ~大丈夫だよ~頑張って~!」とお兄ちゃんらしく応援していました。

そして、大号泣で家を出た次男坊ですが、土壇場で覚悟を決めた様で、拒否る事なく目をつぶってた(笑)
先生に「早くして下さい」と言ってと母と約束をしていたので「かぁちゃん、早くして下さいって言って!」と要求…(汗)
「はいはい、早くして下さい」と母。「はい、分かりました~」と先生。
そして、次男坊もひょぇ~~~~~って顔になってたけども、泣く事無く終了しました!

2人ともお見事でした!!

そして、次は旦那さんの番。
みんなで、「父ちゃん泣くかなぁ~~?」とか「がんばれ~~~」と声援を送り、無事に泣く事無く旦那さんも終了でした。

また4週間後に子供たちは2度目の接種がありますが…また頑張れるかな??
そして、次回は、母も接種予定…頑張れるかなぁ…イヤやなぁ~~~naku01.gif


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

15:06  |  家での出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'11.14 (Fri)

リョウにとっての生き難さの1つに…(長文)

先日の発達検査の中で、TOM心の理論と言う検査が全滅だったリョウ。
当時は心理士さんと思ってたけども、実際は言語療法士さんでしたが、検査の後に少しお話を聞いた時に、この検査の結果が全問不正解だったと教えてもらっていました。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

14:56  |  リョウのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'11.12 (Wed)

発達検査の結果…

昨日は、先日やった発達検査の結果を聞きに行く日でした。
本当なら、母1人で受診するはずだったけども、溶連菌で登園は12日から…と言われていて、保育園をお休みしているリョウも一緒に出かけました。本人はスッカリ元気。上手に言葉に出来ないから言わないのかもしれないけど、どうしてまた病院へ行くの?と言う雰囲気でした…
「もしもし…する?おくちアァ~ンは?」
「ん?今日はお話するだけ。かぁちゃんと先生がお話するから、リョウくん待っててくれる?」
「うん、いいよぉ~~」

なんて言いながら病院へ到着。

前回の診察の時と同様、主治医の先生とリョウが少しお話し。
「リョウくんの保育園の名前はなんですか?」「……なんだっけ?」と、母に助けを求める。
「リョウくんの仲良しなお友達のお名前を教えて下さい」コチラは、ニヤニヤ嬉しそうな顔で女の子2人の名前を言いましたが、発音が不明瞭なので、先生が間違えて「○○○ちゃんね~」と言ってPCに打ち込むと、リョウはそれを見ていて「え…」って顔になる。
前回も同じ状況になって、その時は間違ってる事を言い出せなかったけど、今回は先生がリョウの表情を見て「違ったかな?」と声を掛けたので、「○○○ちゃん!!!」と、ちょっと大きな声の怒りん坊口調で訂正してました。

「今日の朝ごはんは何を食べましたか?」  「おにぎり」
「おにぎりの具は何だった?」  「・・・・・・?」 
「おにぎりの中身は何だった?中に何か入ってたか覚えてる?」  「覚えてるよ!ゆかり!」
「そのおにぎりには、海苔は巻いてあった?」  「・・・・・・?」 
「巻いてなかったかな?」  「・・・・・・・」
母が助け舟で「おにぎりに海苔巻いてた?海苔付いてた?」  「うん!!付いてた!」とリョウ。
う~~ん、巻いてた=付いてた が、分からなかったのね~

そんな感じの先生とのお話の後、前回と同じく、ジャンケン勝負!
先生が3マスの表を書いてくれて、先に3つ○が付いた方が勝利!!
「よぉ~~し!まぁ~けないぞぉ~~!!ボク強いぞ~!」なんて大張り切り!

しかし…結果は先生の圧勝でございました…その時のリョウの複雑な表情。悔しいけど、ちゃんと我慢出来るのよね。親しい人には遠慮なし!やけども、ちゃんとリョウなりに人を見てる。
そして、ストップウォッチを10分にセットして、隣のオモチャの部屋で遊びます。リョウはこの部屋で遊ぶのを楽しみにしていたみたいで、待合室で待ってる時も、「こっちがイイ~」と、オモチャの部屋がある診察室をリクエストしてました。
発達外来は、いつもオモチャの部屋だと思うのよね~^^


そして、本題の検査の結果。

今回の検査は、「K-ABC」と「質問一応答検査」と「TOM心の理論」と言う検査3つをしました。

検査自体の内容はあまり詳しく書きませんが、まず、K-ABCの結果の説明を先生がしてくれました。
視覚を使っての記憶は平均以上あるけども、聴覚だけを使っての記憶は苦手。
聴覚を使っての記憶でも、何か視覚的な情報が加われば平均値まで。
この検査では、学習能力は普通学級でなんとかやっていけるレベルとの事。
「あの、もう特別支援学級に在籍する事で学校側にはお話したんです…」と母が言うと、「そうですね、その方がリョウくんにとって良いでしょうね」と先生。とっても穏やかで静かに話す先生。癒される~


質問一応答検査では…もう、絶対に苦手なのは分かってたので、想像通りの結果でした。(母は検査に立ち会ってないので…)
語義説明や理由は、2歳後半レベル。言葉を繋ぎ合わせて何かを伝えるって事は、リョウにはまだまだ難しい。「家の鍵はどうして閉めるのかな?」リョウには難しいよね~~
この検査で年齢相当だったのは、類概念で「リンゴは何の仲間?」とか「飛行機はどこを飛ぶ?」とかって問題。これは、STで何度も何度もお勉強して来てるので、得意!先生も笑ってた。


そして、TOM心の理論検査。
これは、全滅でした。3問やりましたが、3問とも不正解でした。
この、心の理論検査とは「他者の心を理解する能力」即ち、人の意図・思考など「心の動き」を理解する能力を見る検査です。
この検査も、母は立ち会ってないので様子は分かりませんが、難しいと思います。相手側から物事を見る事が苦手。

こども病院からコチラの病院へ転院しましたが、今回の検査結果からもリョウは「高機能広汎性発達障害」という事でした。もちろん、そうだと分かってるけどね~^^;

子ども病院では、知能検査の結果のコピーをくれて、殆ど説明も無く終わったけども、新しい病院では、園長先生宛てに検査結果と主治医からのコメントも頂けました。
小学校の支援学級の先生が主治医からのコメントを頂きたいと言ってたのは、この事かぁ!!とやっとこさ判明!こども病院ではくれないのよぉ~!!

そのコメントの内容を、ザザッと…

K-ABC

表情乏しく、アイコンタクトも弱い。課題への拒否等はないが、積極的とも言えず、淡々とやや小さな声で返答する。時々、自分の気持ちをオウム返しで表現する。例えば、課題で無反応の時Thが「じゃあこれは置いといて次いくよ」と声をかけると、「これは置いといて」と次へ課題はすすんでいく。

質問一応答検査

3歳後半
視覚的手がかりがない、言語で答える課題ばかりなので、集中力も保てない時もあれば、課題の意味が分からない、どう答えればいいのか分からない姿がほとんど。

TOM心の理論

結果「問題あり」
心の理論の把握もしてないようで、また問われている意味も分かっていない事あり。

まとめ

学習能力は高くあるようでしたが、心の理論 説明 理由 etc.が答えにくく、想像力・推理力・構成力を必要とするような言語コミュニケーション能力には問題がある事が伺われました。
今後は、物事の流れを理解出来るように日常生活の中で本人に理解しやすいように伝えていく事が出来ればすばらしいと思います。



主治医から母へは、リョウは自分で何かを組み立てて物事を作り出すとかが苦手だそう。何か計画を立てたりとか。
他にも、話を聞いて、想像しながら学ぶとか、聞いて答える・考えるなど…これから小学校に入ると、そういうお勉強が主になるので、リョウにはサポートが必要だという事。
あと、リョウは障害の部分が見えやすいタイプではなく、掘って掘って行くと、見えてくるタイプだと思うので…(アイコンタクト)
見えにくい=理解されにくいと言う事かな。

検査の結果だけが全てじゃないけど、検査から見えてくる部分も大切だと思う。
過去、STで発達検査を受けた事があるけども、こんな風に文章で結果を頂いた事がなかったので、保育園側にも、来年度からお世話になる小学校側にも、そして、家族にとっても、リョウの苦手な部分や未熟な部分を理解して、伸ばせる部分は伸ばし、サポートが必要なところはリョウに合ったサポートを考えて行きたいと思います。


そして、母からは先日作成した「お約束カード」の事を聞きました。
作成に至った経緯と、本当はお支度や片付けが出来たらシールと言うイメージだったけども、実際は立ち歩かなかったらシールと言う事で、ちょっとニュアンスが違う事について、引っかかりがある事。

主治医は、それはイイのではないですか?との事。
伝えたい事が曖昧だと、本人に上手く伝わらない。給食中は立ち歩かないで、座って食べてね。と伝えたい事を明確にする事は良い事だと。
そして、1週間でシールの存在を忘れても、実行出来てると言う事は、リョウにしっかりとコチラの要求が伝わったという事じゃないか…と。

給食時に「リョウくん、席に座って」と、何度も何度も先生に言われても、リョウにとっては伝わってない。曖昧な指示だったのかなぁ~
深く考えると、訳分からん~状態になるので、ま、結果オーライ!だったので、良かったって事かな。

そして、タイマーの音がして、リョウが部屋から戻ってきました。
先生は、給食のお片づけも歯磨きも出来るんだって?凄いね~っと、沢山沢山褒めてくれました。
リョウは、お約束カードの存在を思い出せないのか?先生が「シール貼ってるんだよね?」なんて聞いてもキョトン~っとして何か考えてました…汗


いろいろ長くなりましたが、何か参考になれば…と、記事にさせて貰いました。

励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

13:11  |  検査関係  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'11.10 (Mon)

掛かりつけの小児科には告げていますか?

先週は、咳が出たりしてお薬を飲んでたリョウですが、昨日の夜に急に体調が悪くなったらしく…
「あぁ~~~、あぁ~~~」とクニャクニャになって半泣き状態。
熱でも出てくるかな?と、早めに就寝。
なかなか寝付けなかったみたい。さほど熱は出てないみたいやったけど(母の手のひら体温計では)リョウはオデコに冷えピタを貼ってと要求。昔は絶対に嫌がってたのに、年長さんになった頃からかなぁ??自分から貼って欲しいと言うようになったなぁ~
アイスノン?枕も拒否してた頃もあったのになぁ~。感覚過敏も、成長と共に変化してるなぁ~っと感じます。お風呂の熱いのは、いまだに苦手やけどぉ~

で、本日は保育園をお休みして、母とこたつに入りながらDVD鑑賞など…
本人は、やっぱりしんどいみたい。PCで鉄道動画を見てたけども、自ら「もうおしまいする~」と、お昼寝体制…

次男坊も少し咳が出るので、保育園のお昼寝終わりにお迎えに行き、先ほど病院へ行って来ました。

この病院は、次男坊が喘息持ちなので、喘息&アレルギーと言えばココ!って言う病院へ最近転院したのです。

今まで、数件の小児科を受診して来たけども、リョウが発達障害である事は伝えて来ませんでした。
3歳になった頃から、ずっと行ってた病院の先生には、先生から「ん?言葉が遅れてるのかな?もう見てもらってるのかな?」なんて呟く様に先に言われた事はありましたが、その頃は診断前だったので、それ以上触れる事もなく…

1回だけ、小児科じゃなくて内科の病院で「ここ痛い?痛くない?」と先生からの質問に、どちらにも「うん」と答えるリョウ。「ちょっと発達障害なので、分からないかもしれません」と言った事があるけど、とってもイヤァ~な空気が流れた事があります。看護士、先生共に…

今回の病院の先生も、リョウにイロイロ話しかけますが、リョウは無視やったり…(汗)口の中を見るときも、「あぁ~って声にだして」と言われても声を出さず… (滝汗)
そして、溶連菌の検査の為に、先生が綿棒やら検査キットを出してると、「これ何?」「なんで?」と、先生が何かやる度に1本調子で聞き倒すリョウ。

いつもの受診とは違う工程があると、不安になるよね。ずっと無口に(無視&声出し拒否やけど)受診してたリョウが、急に質問連呼…リョウらしくて、そんなやり取りを後ろから見てると、ちょっとプププ…と笑ってしまいそうになりますが、先生に発達障害の事を伝えておいた方が良いのかなぁ?と、毎回思ってしまいます。
別に、伝えなくても差し支えない…と言えば無いし。伝えた所で、専門ではないだろうから、対応が変わるわけでもないのでは?と思ったり。

4歳や5歳の頃に比べると、先生からのお話の受け答えもちゃんと出来て来てるしね。
たまにトンチンカンでビックリする時もあるけど。

皆さんは、どうされてるのかなぁ?なんて思います。


で…検査の結果は、溶連菌でしたnaku02.gif



励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

17:09  |  つぶやき  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2008'11.09 (Sun)

想いを言葉にする力

今、子供たちはウルトラマンショーを見に、父ちゃんと3人でお出かけ中です。
去年は、怪獣が来るが怖いのか「ボクはいかない~」と言ってたリョウですが、今日はとっても張り切って出かけて行きました。

「ボク、カッコイイポーズするから、動いたらもう1回撮ってね!」と、旦那さんに要求してました^^;

さて、タイトルの「想いを言葉にする力」ですが、言語の遅れがあるリョウですが、随分と立派に話せるようになりました。
きっと、周りのママさん達は、言語の遅れなんて気付かないのでは?って感じ。
ま…、会話となると、また別の問題があるけどぉ…^^;

発音が良くなってきてるので、立派!と感じてるだけかなぁ?
やっぱり、何か状況を説明する時などは、短い文章を並べて伝えて居たり、ジャスチャー込みで、なかなか上手く相手に伝えられない事がある。

でも、最近、ちょっと感じるのは、自分の想いを言葉にする事が増えてきたこと。

兄弟喧嘩の時の言い合いでも、今までは「な~んで~~!!!ダメだよぉ~~~!!」とか、「やめて~~!!」とか…そんな言葉を連呼してギャーギャー!うるさい毎日。

それが、最近は、「だって、リョウくんもやりたいんだもぉ~~~ん!!」とか「人が使ってる時は取らないのぉ!」←実際は、ちょっと文法が変やったけど…(苦笑)

喧嘩の時の言葉のレパートリーが増えたなぁ~っと感じました。
きっと、喧嘩だけじゃなく、他の日常会話の中でも、幅が広がってると思います。

想いを言葉で表現出来なくて、手が出てしまったり…
叩いてしまったり、物を投げてしまう行動の理由全てが言葉の遅れから来るものとは考えてないけども、確実に、言葉の発達と共に、行動面でも伸びて来ていると思います。

何か気に入らないと奇声を上げて物を投げていた年少時代。
「ダメ!!」と言って友達を叩いてしまっていた年中時代。
やっぱり叩いてしまう事もあるけど、「ごめんね」と言える様になった年長。

ゆっくりゆっくり…前を見てると進んで居ない様な感覚やけども、ふと、振り返ると、「おぉ!もうこんなにも成長したの?」と、ビックリしてしまいます。

年齢が上がるにつれ、成長を遂げるにつれ、その場面、その時々で、新たな課題が出てくるけども、コツコツ…コツコツ…母も一緒に歩いて行きたいと思いますぅ~w02.gif



励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

14:27  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'11.09 (Sun)

モグちゃん飼いたい!

リョウは犬が大嫌いです。
リョウが2歳半くらいまでは、我が家にはパグ犬がいました。私が独身の時から飼っていました。
その子は、全く鳴かない子で、大人しくて誰からも愛されるパグ犬でした。
なので、リョウもあの頃は怖がる事なく、時には一緒にお散歩に行ったりしてたのになぁ~

その後、訳あってパグちゃんは居なくなってしまったのですが、リョウの記憶の中にはパグ犬の存在は残ってないみたいで、写真を見せてもピンと来ないみたい。

3歳半くらいの時には犬を怖がるようになりました。
犬の鳴き声がとっても怖いみたいです。

いつか、お向かいに住んでる小学生が、飼ったばかりのダックスを散歩させていて、リードが離れてしまって、犬が吠えてたかなぁ?飛びつくようにリョウに突進して来て、リョウは大パニックでした。
怖くて怖くて死ぬ思いだったかもしれません。
犬が去った後、奇声を上げて怒りと恐怖で大パニックでした。


そんなトラウマもあって、犬が大嫌いなリョウ。
ホームセンターなどのペットコーナーでも、母に張り付いて通り過ぎます。

保育園で、子供たちが「おたまじゃくし」や「カブトムシ」を持ってきて、クラスで飼ってたりしましたが、リョウは興味を示さず。
家でも、近くの田んぼにおたまじゃくし取りに出かけて、水槽に入れて持って帰って来たけども、全く興味を示しませんでした。(すくうのはプロ級でしたが…)


生き物にあまり興味ないのかなぁ~っと思っていましたが、とある日、

「かぁちゃん、モグちゃんかりたぁ~い」(かりたい=買いたい)

と、言い出しました。

「へ?モグちゃん?何それ?」

リョウは突拍子も無く言葉にするので、母はいつも連想ゲーム状態です。
モグちゃんって何?の母の問いに、HDDに録画してある『のりスタ』と言う番組の「ハム太郎」を見せてくれました。

そこには、視聴者が飼っているハムスターを紹介するコーナーがあって、リョウはそのコーナーを見て、自分もハムスターを飼いたい!と思ったみたいです。

初めて、生き物を飼いたいと言い出したので、母はビックリでした。

でもでも…世話をするのは母やしぃ…
ホンマに、興味あるかなぁ?3日で飽きるなんて事になるかも?ってか、ホンマに触れるの?
なんて、疑問がいっぱい。
また気まぐれで言ってるのか?

しかし、その日から連日、「モグちゃんかりたい~」と言い続けるリョウ。
カズも一緒になって、「ボクはジャン!飼いたい~」なんて言い出す。
え~~~!!2匹もぉ?
ハムスターは、単体で飼った方がいいから、全て2個づつ用意せなアカンやん!

母が思ったよりも、リョウのハムスターへの思いは熱いみたいなので、1度ホームセンターへ見に行くことにしました。
リョウは犬がわんさか居てるのにも関わらず、頑張って小動物コーナーまでやってきました。
店員さんに、ハムスターを触る事は出来ますか?と聞いてみました。触るのはちょっと…と断られましたが、子どもが飼いたいと言うけども、触れないなら飼えないので…と、無理を行って触らせてもらいました。
テレビのハムスターはジャンガリアンでしたが、ゴールデンハムスターの方が噛まない&飼いやすいという事がネットに載ってたので、ゴールデンをお願いしました。
店員のお姉さんの手の中に居るハムスターの背中を恐々なでるリョウ。
母の予想通り、ちょいとビビッてました。
それでも、触る事が出来たし、「これモグちゃん!」なんて言ってる。

その後、家に帰って、何度も何度もリョウに確認。
「ホンマに飼いたいの?」
そして、次なる交渉はカズ。
「2匹は飼えないから、リョウとカズのモグちゃんでいい?」
「ほな、モグじゃんって名前にしたら?」とか、笑ってしまうけど真剣に交渉。
結局、2匹だったら飼えないけど1匹なら飼ってもいい!と言う話で、カズも了解した。

そして、翌日…アクリル水槽やらお家やらトイレやら…モグちゃんグッズを揃え、
モグちゃんを迎えに行きました。
前日、オスは2匹居てて、うち1匹は激しく逃げ捲くりで店員さんがなかなか捕まえられなかった。もう1匹は、大人しそうに感じた母。
どっちやったっけ?大人しそうやったのは?
前日は、夕方の活動的な時間に行ったけど、お迎えの時は昼間だったので2匹とも眠起き…
結局、リョウにどっちの子がいい?と聞いて、選びました。

リョウはテレビで見たみたいに、レゴで作った家で一緒に遊んだり~ってイメージだったみたいやけども、新しくお迎えしたばかりのモグちゃん。
最初はそっと静かにして上げないと、怖がりの子になって、噛み付いたりする様になる…と思い、2日程は知らんぷり!させました。
リョウはそんなに気にせず…で、忘れてない?って感じやったけども、カズは気になって仕方がない。
あぁ、やっぱり興味薄いのかなぁ~なんて思ったりしたけど…

「モグちゃん、お休み~」なんて声を掛けて寝に上がったりするリョウ。

最近は、こたつの上に少しの時間出して、ブロッコリーをあげたり、キャベツをあげたりしています。
カズはアレルギーもあるので、万が一の為に、手袋を100均で購入しておいた母。
数日前に、その手袋をリョウが見つけて自分の手に付け、初めてモグちゃんを手の上に乗せました。
とっても嬉しそうやったぁ~
そのうち、ドンドン大胆になって来て、逃げるモグちゃんを捕まえる事も出来る様に。
ただ…加減がどうなのか…?大丈夫かぁ??っと、母は冷や冷や~~

でも、自分でも触れると自信が付いた様で、「モグちゃん出したい~!」と、毎日要求しています。
子供たちが起きてる時間は、いっつもモグちゃんは睡眠時間やからなぁ~
夜中は、怖いくらいに走りまくってるのにぃ…

初めてリョウが生き物に興味を持って接してるので、生き物を育てるという事、可愛いと愛情を注ぐ事、色んな事を学んで欲しいと思います。
かぁさん、毎日のお世話…がんばります。

ちなみに…リョウは最初から「モグちゃん」と名前を付けていたけど…何故?
カズの「ジャン」と言うのは、ハム太郎のコーナーに出てきた視聴者のハムスターの名前だった。
モグって言うハムスターも過去に出て来てたのかなぁ?
モグって…モグラみたいやん?

でも…可愛い名前やなぁ~

励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ









テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

00:40  |  家での出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'11.08 (Sat)

お約束カードのその後…

先日、記事にした「おやくそくカード」ですが、2週間が経過しました。

リョウは、その後も給食中に立ち歩く事なく過ごしているそうです。
最初の頃は、シールを貼ることが楽しみで、さっさと片付けを済ませてご機嫌に貼っていたそうですが、この3日程は、シールを貼る事自体を忘れてしまってる様で、先生に「シール貼る?」と声を掛けられて「あ!」っと、思い出す感じ。

シールを貼るために席に座ると言う感覚ではなくて、給食時は席に座って食べると言う事が身について来たのかなぁ~なんて思います。

先週の木曜日は参観日で給食参観もあったので、母も一緒に給食時間を過ごしましたが、やっぱりシールの存在を忘れていました。
クラスで1番に食べ終わり、テンポ良くお片づけを済まし、歯磨きもバッチリ!
参観日などでは、かなり意識してるのか?うんと調子が良いリョウです…

でも、おやくそくシールを作ってから2週間、普段も給食時間の過ごし方は、とっても良くなったみたいなので、母、作ったかいがあったかな~

先生と、4週間分のシールを貼るスペースがあるけども、本人がもうシール貼らなくてもOK!と言う事なら、止めて見ましょうか~っという話をしていたけども、本人はまだ貼る!と言ったらしいので、貼るスペースが無くなる残り2週間!
最後までやり遂げて、うんと褒めてあげたいと思います♪


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

13:55  |  年長組の頃  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'11.01 (Sat)

我が家のお風呂は100デジベル

100デジベルとは…電車が通るときのガードの下くらいの騒音です。

我が家のお風呂は、旦那さんが居れば子供たちは父ちゃんと一緒に入ります。
たまに「かぁちゃんと入りたぁ~い!」と次男坊が言い出したりする…ちっ!!

母と子供たちの3人での入浴では、兄弟でのトラブルは無いのに、何故か!父ちゃんと3人で入るお風呂では、かなりの確立でトラぶってます。

大体が、次男坊がワガママを言って、泣いてうるさくなって来て、それに伴って父ちゃんの声も荒くなり…なんやかんやで、3人で大変な事になってしまいます。


今夜も、ギャーコラ!ギャーコラ!と賑やかになって来て、母は音声だけで状況をチェック!
どうやら、体を洗う順番でもめている様です。
「ボクが1番がいいぃ!!」と次男坊。しかし、既にリョウが洗い場に出ている模様。
うちのチビ達は、まだ親に体を洗って貰ってます…汗

父ちゃんが「う~る~さ~い!!」なんて声を荒げて次男坊を制止しようとするが、火に油!!
大きな声で一喝して効果があるのは母の技!!(謎)

長野の風呂場は冷えて寒いのに…(何故か風呂場まで24時間換気の我が家)
5分?いや、10分程ギャーコラ!ギャーコラ!

「じゃあ、2人同時に洗う!!お前も出て来い!」
「いや!!!」
「じゃぁ知らんっ!!!」
「いやぁ~~!ボクが先がいいぃ~~~!!!」

あぁ~~~~!うるさいわ!

その間、リョウの声は全く聞こえてきません。

「ほんなら、じゃんけんで決めろ!後で文句言うなよ!絶対やからな!」
なんて、いつも負けてから文句言い倒す次男坊に釘を刺す旦那。

そしてじゃんけんが行われた様子。
はい、日頃の行い?次男坊敗退!!

「いやぁ~~~!!!ボクが先がいいのにぃ~~~!!」

でた!いつものパターンやっ!

ギャーコラ泣きながらウルサイ次男坊に父ちゃんがイロイロと切れながら言い聞かすも効果なし。
2人でやり取りしてる会話の中、「ほな、リョウ、カズが先でもええか?」みたいな話に…

「なぁんでぇ~~!!!」と、トーンが高く上ずった声で怒るリョウ。
「体洗ったから、次、カズの体洗って、その次にリョウの頭でええやろ?」見たいな条件が飛び出し…
ギャーコラうるさい次男坊と、納得が行かないリョウの声と、旦那の切れた声とで、風呂場は最悪な事に。
外で聞き耳…いや、聞き耳など立てなくても丸聞こえのやり取りにイライラしてくる私。

どんどん、リョウのテンションが高くなっていくのが声で良くわかる。
うるさい風呂場…リョウもイライラしてくるよ。

我慢出来ず、母風呂場へ出動!!

「こらぁ!!じゃんけんしたんやろ??カズは負けたんやから我慢しなさいっ!!!
リョウが勝ったのに、我慢させるのはおかしいやろ!!(←コチラのフレーズは旦那への怒り)

リョウにとって、じゃんけんで勝ったのにやっぱり替わってなんてイレギュラーな状況は怒り爆発するに決まってる。声のトーンで1発で分かる。
自分が旦那の立場なら、もっと切れまくってると思うけど(ま、まずは、ここまで最悪な状況にならんけどね)
客観的にやり取りを聞いてると、リョウが興奮して来るのが良く分かる。

母の一喝に次男坊は号泣。それでも納得出来ない様子で、しつこくやり取りしていた。

結局、リョウはあまりのうるささに耐え切れなくなったのか、かなり怒った口調で「もうっ!いいよっ!!」と、順番を譲って上げてました。

その時、旦那の口から出たのが「最初からそう言えばエエやん」みたいな事を言った。
何ィ~~~!!聞き捨てならん!!と思った。ムカッ!

でも、すぐ後に「リョウくん、譲ってくれたで!ありがとうやろ!」と次男坊に言い、「リョウ偉かったで!」と声を掛けてたから許してあげるけど…

年長のお兄ちゃんなら、弟や妹の為に我慢したり譲ってあげたりする事は、日々の生活の中で、仕方なく…やったり、親がうるさいから…やったりするかもしれんけど、それなりに我慢し出来るのかもしれない。
でも、あたしは、リョウとカズの関係の中で、お兄ちゃんやから我慢させる…と言う事は、ほとんどしていません。
もちろん、「貸してあげて!」とか「先にやらせてあげて!」とは声を掛けますが、これはリョウだけじゃなくて、次男坊にも同じように言います。なるべく平等に接しています。

園での生活でもそうですが、リョウにとって、我慢する事や譲ってあげる気持ちなどは、まだまだ勉強中で、イロイロな経験の中で少しずつ見につけている事。
理不尽な出来事を受け入れ譲ってあげる気持ち…は、また次のステップかな?と思っています。
恐らく、お友達には既に受け入れて譲ってあげたり出来る時も沢山あるかと思うけども、兄弟の関係では、また違うと思うし。

リョウに対して、リョウがじゃんけんに勝ったからリョウが1番だよね?
でも、カズは替わって欲しいと言ってるけど、リョウは替わってあげれる?それともリョウも1番がいい?

なんて、ゆっくりと問いかけてあげれば、リョウの怒りは少なかったかもしれない。
一方的に「替わってあげて!」なんて、納得行かないよなぁ~~

男の子2人を育ててるけど、やっぱり、リョウと次男坊の子育ての違いって、大きいと感じます。
次男坊には、かなり手抜き?いや、手抜きではないか。ちょっと気楽に…って言い方が正解かな。
リョウには、やっぱり丁寧な子育て…って感じで、リョウの受け止め方を見ながら言葉を選んで伝えている感じ。
そりゃ、時には、いや、結構、感情的になる事もあるけど…

何が言いたいのかさっぱり分からない記事になってしまったけど…
なんか、旦那と子ども達とのトラブルのやり取りを見てると、イラッとするのよね。

書きたかったのは、イラッとしたって事か??いやいや…汗


励みになります!ぽちっ♪とお願いしますヾ(@⌒▽⌒@)ノ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

23:27  |  家での出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008'11.01 (Sat)

ウルトラマンの映画を見に…

映画を見に行ったのは、次男坊と旦那さんです… 1日は映画の日!千円で見られるから。

リョウにとって映画館は「暗い」「うるさい」のダブルパンチ!
過去に1度、映画デビューをした事があります。
あれは何歳の時かなぁ?3歳かな?4歳?
アニメの「カーズ」を見に行きました。

リョウは初めてやったので、かなり不安だったと思う。あの頃は、母は息子と2人で映画デート♪と、浮かれていたかもしれません。

「まだ?まだ?」と、何度も聞いていた様な記憶が…
なら4歳かな?(言葉が出てるし…)浮かれてた割に既に記憶薄っ!

今思えば、あの「まだ?まだ?」は、いつ始まるの?のまだ?では無くて、まだ帰れないの?の「まだ?」だったのでしょう…(涙)


会場が暗くなると、母の腕にしがみついてたリョウ。
大丈夫やで♪かぁちゃんも居てるから~なんて。

次は大音量での予告の嵐!
これは母も苦手です…何故にそんなにデカイ音にするかな?十分聞こえてるのに… リョウはイヤやったやろなぁ。

そんな中でも最後まで一緒に見ることが出来ました。あの頃は、しまじろうや、アンパンマンや、鉄道のビデオは見てたけど、こんなに長編のストーリーを見切ったのは初めてでした。
車のアニメやから見れそう…と思ったのよね。

しかし、その後カーズの話題には全く触れず…
興味すらない様子で、なにげにガッカリな母でした。

それが去年くらいかな?カーズブームが時間差で到来!DVDを何度も見てました。
理解力が伸びて、ストーリーがしっかり理解出来たからかな?


そんな映画デビューを果たしたリョウですが、その後2度目は、まだありません。
富士急ハイランドのトーマスランドにて、屋内で暗い中を貨車に乗って進むアトラクションがあって、リョウは暗い!怖い!どこからか怖い声がする…(貨車のスピーカーからの台詞の声)
それで、パニック寸前!
途中下車は出来ないし、リョウは泣きそうになりながら「降りる~」

この頃に、「暗い」「大きな音(声)」「どこから聞こえてるのか解らない音」が苦手だと気付いてあげれたと思います。


前にも、リョウは保育園で、次男坊は病院予約の日だったので休ませ、2人で「ポニョ」を見に行った事があります。

ひょっとすると、リョウも行きたかった!なんて言うかな?と頭をかすめたけど、お土産のパンフレットを見ながら「リョウも映画行きたかった?」の母の問いに「ううん…」

やはりリョウは映画館は苦手よな。

そして、今回のウルトラマンの映画は事前に誘ってみました。ウルトラマン好きやし。
でも「リョウくん行かない~」と。

2人が出掛けてる間、特別にパソコンを使わせてあげ、トーマスサイトのゲームや、ボブとブーブーズサイトのゲームを楽しみ、最後は鉄道動画を堪能しました♪


お土産のパンフレットもソコソコに…
只今、兄弟でバタバタとウルトラマンごっこに夢中です…



携帯からの更新…うまく行くかな?
14:13  |  リョウのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。