All archives    Admin

04月≪ 2018年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2009'11.18 (Wed)

初めて先生に怒る…?

保育園の頃は、かなりの頻度で先生やお友達に怒る?と言うか…

気に入らない事があったり、何か指摘されたりすると怒って教室を出て行ったりしていたリョウ。

小学校へ入学してからは夏休み前に1度、隣のクラスの男の子と喧嘩になった事くらいで

怒って感情が爆発!なんて出来事はありませんでした。

そんなリョウならではの出来事が急に無くなって、何で?何で?と逆に落ち着かず…

頑張り過ぎている…と、1学期は学校へ何度も息を抜く場所や時間が必要だと訴えて来ました。


2学期は、運動会の練習が始まり、どうなるかなぁ?

いや、きっと頑張るだろう…っと思った通り、毎日の練習もその他の授業も普段と変わらずこなし

お友達とも楽しく遊び、先生も何か問題が出てきたらいつでも対応出来る体制では居てくれただろうけど…

全く必要なしでした。


そして、運動会が終われば、次は音楽会へ向けての練習が始まりました。

初めてのピアニカ…(演奏自体はホンの少し)

毎日毎日、音楽の授業があり…

それでも、普段のペースで楽しく学校生活を送っていたリョウです。


前回の記事の先生との懇談でも、特に何か心配な事がある訳でもなく…(今現在の状況でね)

学校側も、困ることは何もない様で…

頑張ってるなぁ~~って感じ。




そんな翌日…


金曜日のその日は、父ちゃんが仕事が休みだったので、母は遅番で仕事へ…

夕方、家に電話を入れると(何も用事ないねんけどねぇ~何となく)何やら学校であったらしく、担任から電話がかかって来たとか。

そんな事を電話口で話す父ちゃんの横でリョウが何か言ってて「うんうん、リョウは悪くないよ」と父。

何々ぃ~~~!気になるけど、帰ったらゆっくり聞くことにした。

横で聞いてるリョウが、また思い出して興奮してもアカンので…


夜、家に帰ると、週末なのでまだ起きていた子供たち。

リョウが母の顔を見るなり「H先生、いじわる事したんだよっ!かぁちゃんやっつけてっ!!」っと怒ってた。

リョウの説明は殆ど良く分からなかった…(汗)

学校での出来事を上手に伝える事が出来る様になっていたけども、

やっぱり、こういうトラブル系の内容は、怒ってるしなかなか難しいみたい。

めっちゃ怒ってるのは、よくよく伝わったけどねぇ…


出来事は、こんな感じだと思います。


帰りの時間、教室のいつ壊れてもおかしくない棚の上?かな?

そこで他の子供たちと一緒に乗って遊んでいたのかなぁ?

で、たまたまリョウが乗った時に、その棚が壊れてしまった。

その時間、担任は用事があり、フリーのH先生が教室に居てて

リョウはH先生に注意された…んやと思う。どの様に?かは分からないけど…

で、リョウが久々に怒った!と言う感じ…


どんな風に怒ったのか?大きな声を出して暴言を吐いたのか?

もしそうなら、それはどれくらいのレベルなのか?

詳しい状況は分からない。


で…そのまま下校したリョウ。

担任が戻り、メモを見てそんな出来事があったと知り

そのままリョウを下校させてしまって悪かったね…と電話がかかって来たそうな。


それで、担任がリョウさんに代わってもらえますか?と言い

リョウと担任が電話で少し話しをしたそうな…

リョウは、うんうん…と頷いていたらしい。




あぁ…こんな時に仕事だったとは…もっと詳しく知りたいやんかぁ~~!!って感じ。


リョウは、完全にH先生に怒ってて…

算数など、H先生が空いてる時間はリョウに付いてくれたりしてるのにぃ…(たまにらしいけど…汗)

でも…、こんな事も無いとねぇ。リョウらしくないよな…

そんな経験をしながら、経験値を上げて成長していかないとなぁ~~(と、自分に言い聞かす~)


やはり、リョウは

「あっ!!!壊れた!どうしよう!!!」っという心理状態の時に、外部からの指摘や注意をうけると怒ってしまう。

それは、リョウの様に大きな声を出して逆らったり逆切れしたりはしなくても

誰でもイイ気持ちはしないだろうから…当たり前って言えば当たり前と言うか…

ただ、それを「ちぇっ!わざとちゃうもん!!」と心の中だけで消化出来ないと言うか

そこがまだ未熟な部分と言うか…


「あらあら…壊れちゃったね。壊れかけてたもんね。また直せばいいよ!でも、乗るのはいけないから止めようね?」

そんな対応なら「あぁ~~あぁ~~」と、本人も苦笑いでやり過ごせたのかもしれない。

でも、こんな教科書どおりの対応を、誰もがしてくれる訳がなく…

そんな対応をしてくれないH先生が悪い!とも思っていません。

いつも、いつも、リョウにとって良い環境では無いから…この先の人生。

ただ、いつも側に居る、母や父…そして、担任の先生は、出来るだけリョウの特性を理解して

なるべく適切な対応をして上げたいと思っています。

それは、リョウの心を開くと言うか、信頼関係が生まれると言うか…

よき理解者としてリョウが心寄せる存在になるんじゃないかなぁ?と思う…上手く言えんのやけど。



最初、H先生に注意を受けて、逆切れ?したと聞いて…

これが担任やったら?リョウはどうしたかなぁ?っと思った。

怖い担任には逆らえないかなぁ?そんな風に思ったけど、どうも違う。

↑これがゼロではないだろうけど、きっと担任ならしっかりと対応してくれそう…


何か担任の先生からリョウが指摘されて、リョウが涙目になりながら聞いていたりすると

「リョウさん、怒ってるんじゃないよ、教えてあげてるんだよ?」と声を掛けたり

忘れ物をした事を注意するのではなく、「忘れました」と言えた事を褒めてくれたり

きっと、そんな出来事の積み重ねで、リョウと担任との信頼関係が築かれてきたんかなぁ~


リョウに一番好きな先生は?と聞くと、「M先生(担任)」と答える。

ま、他にそんな接触する先生は少ないから、みんなそう答えるかな。

なんで好きなん?と聞くと、「やさしいから…」と言う。

やさしい…??めっちゃ怖い先生やのにぃ??(笑)

大きな声で注意したり、怒った顔が大嫌いなリョウやのに…

色々な言葉を使って伝える事が苦手なリョウにとって、「やさしい」って言うのは

沢山の思いが詰まってるのかなぁ~~?と感じた母なのでした。



今回の出来事は、母は学校での状況が詳しくわからないので

リョウの言いたい事を聞き…

担任の先生にリョウが言いたい事を言ってみたら?と…(丸投げ?笑)

いやいや…変に母が言うより、先生に任せた方がイイからねぇ~


今回の出来事で思う事 たくさん。
やっぱり、今の彼には「私」(担任)は、重要ポイントなんですね。居るだけで違うらしい。
「H先生、ゆるさない」って言ってるらしいが、私の前では暴れる事も全くないし…。
ちゃんと、「H先生、わるいんだ、ぼく、あやまるのキライなの」…
どうなったのかがよくわかりました。
じっくり聞いたら それでいいらしいので。
棚はなおしましたし、このままにします。本人もいいみたいです。
ムリにH先生と仲直りさせません。放っておきます。
出来れば、次に何かあったとき、彼がガァーーー!!っと怒る事を願っているイジワル担任です。



と連絡帳…

相変わらず、プツン・プツンの文章で…(汗)

ま、お任せしますぅ…って感じで。(暴れた…のか?滝汗)


そんな、先生へあの日リョウが書いた日記…


きょう、としょかん あおぞらで いきました。
けどう せいかつのときに たいさつごまで まわれなくて ざんねんだたね。
けどう ひきざんでがんばりました。
けどう かんじ やれなくで ざんねんだたね。
けどう ほそいそいせんせが わるいから やつけてね。
けどう しゅくだいあしたするからね。
せんせいせんせも ほそいせんせを やつけてね。
けどう みずをせんせわ かんじすきだね。
ぼくも ほそいせんせを やつけるからね。わかた せんせい




そして、日曜日…

宿題せなアカンで~~っと言うことで、宿題に取りかかろうとすると

プリントが無い!!

「どうしよう…」とリョウ。

「きっと、誰か持って行ったんじゃないぃ?」(これはよく言うセリフ)

「H先生が持って行ったんだよっ!」(まだ言ってるし…)


で、翌朝の月曜日、日記に母からのコメントを書こうと出してみると…


けどう しゅくだい なかたです。さがしても なかたです。ごめんね
しゅくだい なかたから しょがないね。



と、追記されててビックリでした(笑)

SBSH0264.jpg

ぐるり~っと書かれた日記の裏面。

ホント、回る様に書くのが笑える…


小学校に入学して半年あまり…

リョウの精神面・学習面の成長にはビックリの連続だ!


jumee☆ranking1Ljumee☆ranking1R ↓ランキングに参加しています♪1日1回、ポチっと応援クリックをお願いします♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

05:03  |  1年生  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

Comment

本当の・・・

リョウ君は、担任先生の「本当の優しさ」や「心遣い」を半年の時間を経て、知ったのだと思いますよ~!
 
すごく嬉しい成長!!
そこに至るまでは、担任先生の努力や試行錯誤もあったと思うねんけど、お母さんの、日頃の努力が大きいよなー、って思う。
 
「怒ってるんじゃなく、教えてるんだよ」この言葉を、欲してる時に(パニクってる時に、ちゃんと言ってもらえる安心感を、ちゃーんと分ってるんやね~~。スゴイ!
 
ウチはまだまだ・・・。
これからも、コツコツ、「見えない気持ち」を言葉で伝えていこうと思ってます。
ママ | 2009年11月27日(金) 23:12 | URL | コメント編集

ママさんへ♪

そうですね…最初は叱る=苦手なリョウなので、毎日ビクビクしながら過ごすんじゃないか…と心配でしたが、良い関係が出来てるようで安心しています。
担任も独特な個性のある先生ですが、支援学級の先生よりも頼りになる感じなので、スッカリお任せしてしまえる感じ…

それでも、ママさんの言う見えない心の声を見逃さない様に…これからも先生との情報交換を密に…頑張ってます
ふぅ | 2009年11月29日(日) 11:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ryototekuteku.blog29.fc2.com/tb.php/295-3199238c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。