All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2012'09.08 (Sat)

ST卒業

こんにちは( ̄0 ̄)/

リョウは3歳になってすぐに総合病院でSTが始まり、去年の初夏までの間ずっと月に1度のペースで続けて来ました。
途中、先生の出産があり違う先生にみてもらった事もあったけど、私自身もとっても頼りにしてたし、リョウも物心ついた時から一緒にお勉強(そう読んでる)して来ました♪ヽ(´▽`)/

去年、私が三男坊出産でSTをお休みしていて、ちょっと間が空いちゃったけど、またまたスタート!っと思いきや、小児科ドクターから4年生になってるし「リハビリ」と言う段階じゃなく「学習」なので、学校で学んで行く方向で!っと言われてしまった(゜◇゜)ゞ

私も、いつまで見てもらえるだろう?っと思ってたし、リョウの他にも小さな子供を始め、STが必要な人は沢山居てるからさっ(T^T)
先生との時間が無くなってしまったのは寂しいし、この7年間の積み重ねた時間は他の支援してくださる方たちとの間にはきっと生まれないだろう大きなものだけど...

リョウの成長の1つとして、ST卒業となりました!( ̄- ̄)ゞ



何も話せず「う~う~ぴ~」なんて言いながら救急車を指差してたあの頃から...帰り際に聞き分けが悪くて奇声を上げて泣き暴れるリョウを抱き抱えて病院を後にした事も1度あったな。
相談することも成長に伴って変化して、何の悩みも無い頃もあったしやっぱりリョウの特性から来る問題もチラホラと出てきたり。

いつも冗談混じりに楽しく話を聞いてくれたし、保育園や学校に身内の様に一生懸命リョウを思って伝えてくれた先生...
寂しいね~(T^T)
先生にもリョウの成長を一緒に見てて欲しかったよ。
でもでも、成長の証!やんね?

改めて先生に会いに行ってありがとうを伝えたいし、先生からもリョウにエールの言葉を貰えたらな~と思ってるよ♪

初めてSTが始まった時の様子は「診断までの経緯」だったかな?のカテゴリーに詰まっていますよ(^^)

いつかの私の様に、障害?ある?ない?っと宙ぶらりんでモヤモヤしているママさんやパパさんも検索でこのblogに飛んで来てくれてるのかな?と思います(//∇//)

家族だけじゃなくて、回りに沢山助けてくれる人が居ると思うし、聞いてくれる、一緒に考えてくれる、誉めてくれる、共に悩んでくれる...
きっと心の支えになったり、話の中から我が子をちょっと他人さんから見た距離感で分析?することでさらに愛しく思えたりするかな?っと思う。

私はそんな感じだったよ。

出来るようになった事を誉めてもらえると、私も「何でできへんの!」じゃなくて、「うわっ!出来るようになってるしっ!」っと驚き&喜びになった。

靴を自分で履かせるのに、何度説明したり手を持って教えても出来なくてイライラ靴を投げた事もあった。
奇声を上げて怒るリョウに、同じくらい大声を出して「うるさぁい!!」ってビビらせた事だってある。(今も変わらんけど...)
引きずってトイレに入れてドア押さえた事もね。

思い出すと涙が出る懐かしさ。

仕事で遅い旦那と2人じゃムリだったと思う。
支援なんて、、、その後に続く言葉は人それぞれあるかもしれないけど、子供抜きにして自分にとって良い出会いになるかもしれないし。

いっぱい話して、いっぱい聞いてもらって、幼稚園や保育園の大変な時期を乗りきって欲しいです(>ω<)/。・゜゜・


私も、高学年になってすこぉ~しずつ。
きっとリョウはまだまだ幼い方だろうけど、じわじわと思春期を迎えるので、小さな頃とはまた違う。難しい年頃を模索しながら乗りきりまぁ~すっ!!!(>_<)



 ↓ランキングに参加しています♪1日1回、ポチっと応援クリックをお願いします♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

10:15  |  4年生  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

Comment

初めまして。
私もSTです。

ST卒業おめでとうございます。先生も「きっともう大丈夫、お母さんも子どもさんのことを
よく理解できるようになったし、リョウ君も落ち着いているし」と判断されたのでしょうね。

でも、それ以上におめでとうと言いたいのはそんな素晴らしい先生に小さい時から出会えて、
応援してもらえたこと。

私のところに遠くからやってこられる子どもさんは近辺のSTは自閉症を診てくれないから、
とか、椅子に座れないと適応外と言われたからとかで開始が遅くなっている人が
かなりおられるのですよ。

幼い時から始めるのとしていないとでは大きな違いです。リョウ君は本当に良かったですね。
rainwoman | 2012年09月08日(土) 19:35 | URL | コメント編集

rainwomanさん

はじめまして♪コメントありがとうございます。

特別支援教育・・・とか言いながら、リョウの様な子供達には、まだまだ支援も整っていなくて歯がゆい思いをしています。
子供の障害を受け入れて、さぁ療育!っと思っても受け入れて貰えない事もあるんですね。ビックリしました。

リョウはホントに周りの人に恵まれていて、保育園の先生や学校の先生も一生懸命向き合ってくださったので感謝ばかりです。(多少は不満なんかもありましたけどね・・・普通にね)

リョウの人柄もあるかな??なんて親ばかですが思っています^^
ふぅ | 2012年09月09日(日) 10:29 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ryototekuteku.blog29.fc2.com/tb.php/354-3780dc95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2012/11/18(日) 16:04:49 | 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。